VOCALISE

 


 


 
 
「ねえ、キョーコ」

 と、セイは台本を読みふけるキョーコに言った。

「なあに?」

「キョーコってさ、キスしたこと、ある?」

「はっ・・・?」

 ぱかり、と、壊れた人形のように口を開けたキョーコに、セイはまた吹いた。

「あははっ。ごめん、聞いちゃいけなかった?」

「違うけど。急にそんな事言われると思っていないから、びっくりして」

「そっか、そうだよね、ごめんごめん」

「あの・・・・えっと・・・一度だけ、ね」

 と、キョーコは言った。

 その表情を見たセイは、少しだけ、誰にも分からない程度に表情を雲らせた。

 キョーコが、その思い出を、とても大事にしているような表情を浮かべたからだった。

「誰?前の彼氏?もしかして、今、彼氏いるの?」

「ううん。彼氏じゃないよ。・・・誰かはナイショ。でも、とっても大事な人」

 脳裏に見ているだろう、その大事な人を思って、言葉を選び、そう言ったキョーコを見て、セイはどこかたまらないものを覚えた。

彼氏じゃないのに、キスして、頬を染めて喜ぶ相手がいるのだろうか、と、思う。

しかも、思い出してからのキョーコの様子が、今まで見てきたキョーコの様子とは違って、尋常じゃなく、大人っぽく思えたからだ。

とても天然素材極まりないようにキョーコを思ってきたけれど、キョーコは一体どんな人生を過ごして、今、ここにいるのだろう?と思う。

「そっか」

「セイ?」

「ううん、なんでもない。だってさ、役者さんだと・・・今回もだけど、敦賀さんとかさ、色んな人と、キスしたり、今回みたいに必要があれば、もっと、とか、あるんでしょ?」

「うん・・・そうだけど・・・・。前にね、敦賀さんに言われた事があって。『仕事は仕事』と割り切らないと、って。もちろん、仕事だからこそ、敦賀さんは、私を魂の底から今回愛して下さるし、セイが気にするような、そういう場面もあるけど・・・・だから、今回敦賀さんと、色々するけど、関係ない、かな?というか、関係ないと思ってる。あくまでただの人形だし」

 キョーコはそう言いながら、少しだけ、心が痛むような気がした。

「へぇ・・・役者さんて、すごいんだね。オレが敦賀さんの役じゃなくて良かったって思っちゃうのは、まだまだ役者への自信なんて全然ないからなのかな。それとも、敦賀さん程・・・っていうか、あんな色気のある人、あんまりいないから・・・オレと比べなくてもいいと思っているんだけど」

 セイは珍しく少し恥ずかしい事を言ったように、視線を落として、言った。

「そんな事ない。セイの作った助手も、すっごく色気あるじゃない。セイはセイが作ったそのキャラクターのままで、十分、素敵だと思う!監督さんだって、オーケーだしているんだもん、理想的な助手さんなんだと思う・・・よ?あれ?なんか、センパイ面した?もしかしてすごい偉そう?ごめんなさい・・・・」

「・・・・キョーコ・・・」

 セイは、もしここが学校ではなくて、校舎の隅々からの女の子達の視線を感じていなければ、すぐにでもキスしてしまいたい衝動を覚えた。

「オレ、やっぱり助手じゃなければ、よかったな・・・」

「え?」

「ううん」

「セイの主演よ?大丈夫、本当に」

 キョーコは演じる事にセイがまだ自信を持っていないのだと思って、そう声をかけた。

「ありがと、キョーコ」

 セイは伸びをすると、オレを見てて、と言って、走り出し、芝生にたどり着くと、くるくる、とバク転やバク宙を繰り返した。

「これ、オレの得意な事!こっちならオレも負けないよ!体を動かすのだけは得意なんだ」

「すごい、すごいね、セイ!」

 キョーコは思わず拍手を送った。

 キョーコの記憶の中にも、一人だけ、とてもとても身軽だった男の子がいる。
 とても身軽で、くるくる回り、時々、空を飛んで見せた。
 金色の髪で、とても綺麗な瞳で・・・とてもとても優しい男の子。
 それを思い出した。

「すごいね、セイって。何でもできるね」

「ホント?」

 走って戻ってきたセイは、満面の笑みでそう言った。
 
 
 キョーコは時々、セイと話をしている時に、強烈な視線を感じ続けていた。でも、今の所、学校の超人気者のセイと学校で話をしていても、かつてのショータローの時のように、嫌がらせを受ける事は無かった。先日話をしていた友達が、皆に触れて回ってくれたようだった。

 感謝を伝えたキョーコに、もちろん京子としての実績が、それを回避しているのよ、と、友人達は言った。

「セイ君と同じ超大手事務所所属っていうのもあるんでしょうけど、京子さんの演技、好きな人多いんじゃない?あくまで、この学校も、実力の世界の色の強い学校だから」

 キョーコは、それを聞いて鳥肌が立ってしまうほど、嬉しかった。
 同性の友人に褒められる事ほど嬉しい事は無かった。

「でも、ホント、セイ君と仲がいいよね」

「あれだけ仲良かったら、後夜祭、誘われた?」

「いえ?」

「そうなんだ」

「ていうか、文化祭来るって言ってた?」

「あ、そういえば、聞いてないです・・・。本当に仕事の話しかしていなくて・・・今度撮影のとき、聞いてみますね?」

「うん、別に私達、彼の事がどうって訳じゃないんだけど・・・。ごめん」

「えっ、そんな、なぜですか?」

「まるで、京子さんとセイ君が付き合っているようにしか見えなくて、つい」

「ええっ!!!!!」

 キョーコがやはり、壊れた人形のように口をぱかり、とあけたから、一緒にいた友人三人は皆心から吹いて、笑った。

「違います違います違います違います!!ないないないない、それは、神に誓ってありませんっ!!!」

「あはは、いいって、分かってるから。あのさ、それから、その、丁寧な感じ、普通でいいからね?なんか、私達が仕事的にはちょっとだけセンパイだからかな、気を使ってくれているのはわかるんだけど。フツーに、友達だから」

「あ、はい・・・」

 皆、セイと同じ事を言うんだな、と言うのと、そう言われて、とても嬉しく思った事と・・・。

「私達も、キョーコ、って呼ぶから・・・」

 そう言われて、キョーコが、うるうると目を潤ませたから、皆がぎょっとして、

「そんな大げさな」

「でもっ、わたくし、いつも、フツーのお友達というものがとてもうれしくて」

「もうホント、好きだわ〜・・・キョーコ」

 目を潤ませたキョーコに、彼女達の差し伸べた手と笑い声は、とても温かくて、優しかった。







 






2014.12月作成
2019.1.25掲載


*学校とか文化祭とか自由な設定にしております
パラレルワールド扱いでお願いいたします・・・