VOCALISE

 


 

十一
 
 
日がだいぶ傾いて、音楽室の中は薄暗くなっていた。

まるで動かずに、再度生人形になってしまった蓮のそばに、キョーコは立った。

蓮はきっと、先程の会話はもちろん、全て聞こえていただろう。でも、蓮を、大事な人だと言って何も悪い事はないはず、と、キョーコは思う。
 
「敦賀さん・・・私は挑戦状に負けてしまったのに・・・・でも、どうしても言いたいわがままがあるんです・・・」

「・・・・・・・・・」

「・・・後夜祭の間・・・私と一緒に、居て下さいませんか・・・?」

 蓮は、何の感情も読み取れない表情で、一度だけキョーコを見た。そして、何も言わずに、キョーコをまた抱き上げると、ピアノに乗せた。

 
 また、人形になれ、という意味なのだろうか・・・とキョーコは思って、視点を一点にぼんやりとさせ、多少くたり、と力を抜く。

 蓮は、『西洋人形師』の台詞を、幾つかそらんじた。

 そして、そっと、キョーコに触れる。

まるで愛玩している人形に触れるように・・・・

 髪をすき、眉をなぞる。

 鼻を指で撫でて、唇を撫でる。

 耳たぶをつまんで、そして、首筋に指を這わせる・・・
 
 キョーコの肌に薄く鳥肌が立ったのを、蓮は気づいていた。頚動脈に触れる。とても早い。どんなにコントロールしても、心臓の鼓動と、肌だけは、コントロールは出来ない。
 
 映画の中では触れ、舌先を忍ばせるはずの唇を、蓮は寸前・・・一ミリの差で止めて、触れなかった。

触れられるだろうと心の奥底が構えていたから、思わず、ふっ・・・とキョーコから少しの息が漏れた。
 
蓮の指は、キョーコの体や服、肌を好きに撫でた。

足先から太ももにかけてスカートの中を蓮の指がゆっくりと、這う。首筋、胸のふくらみ、二の腕、脇腹を、人差し指でゆっくり、何度もクルクル指を這わせ、撫で下ろす。

キョーコの人形としての規則正しいはずの息が、少しずつ乱れている。

蓮はキョーコを、ただ、愛おしそうに見つめるばかり・・・。
 
 キョーコは、蓮にただただ愛しく触れられることが、とても気持ちよかった。

きっと、人形も、そうなのだと思った。

 そして、
 
――敦賀さんは、こういう風に、思う人、に、触れるんだ・・・
 
 と、キョーコは思った。

 蓮は、愛している女の子を、どんな風に抱くのだろう。
 
 
 蓮は、キョーコの頬を包み、耳たぶを噛み、「愛してる」と囁きながら、まるで人形を本当に愛しているように、舌先でキョーコの唇を舐め、首筋に舌先を這わせた。
 
――台本どおりに・・・
 
でも蓮は・・・台本にはないのに・・・さらに続けた。
 
足先から口付けて、腿のきわ・・・おそらく撮影に入っても誰も気づかない場所に・・・蓮の唇がキョーコの肌を強く吸い上げて、人形なら付かない筈の赤い痕がついた。
 
――人形なんてイヤ
 
 と、キョーコの心が言った。
 
――言えないなんて、イヤ。触りたいのに触れない・・・
 
――あなたは、どんな子を、愛しているの
 
――おねがい、私だけを、私を、愛して・・・・
 
 蓮は、途中から気づいていた。

 キョーコが、少しの乱れる呼吸の中、全く変えない表情のさらに奥で、何かとてつもなく深い恍惚感を得ている気がすることを・・・
 
 そんな様子を見ながら、体中に、指を這わせて、ほんの少しの息が乱れる場所を見つけては、指を行ったり来たりさせて、クルクルと指を動かした。
 
――すき、って言いたい・・・愛してるって言いたい・・・もっと触ってって言いたい・・・愛してって言いたい・・・
 
 いつしか、キョーコの目から、涙が流れ落ちていた。

 心からの涙は、心に比例して、制御できない事に気づく。

 話せず動けず、目を動かすことも出来ず、でも、心だけ持っている人形は、涙が出るだろうか。

 映画では血の涙が流れる事になっている。

 人形が心から愛されて、人形の魂が救われる瞬間の感覚は、きっとこんな感じなのだろう、と思った。

 涙が流れているのに、表情も、呼吸も、殆ど変わらない。

 でも、時々、蓮の指先の動きに、呼吸が甘く乱れる。
 
 
 外から音がする。消灯タイム、と。

校内中の全ての電気が消される。
 
外に、たった一つだけの星の電球がついて、さっと流れる様子が見えた。外の歓声と拍手が聞こえてくる。

流れ星を見た瞬間、キョーコは心の中で、願った。
 
 
――敦賀さんが好き、本当に、好き・・・

――だからずっと、ずっと一緒にいて・・・
 
 
 そして更に聞こえる。「告白タイム」と・・・・。

 だから、この後夜祭に来たくて沢山の人が集まる。

 ファンが、芸能人に、触れたくて。

自分の恋人と一緒にいたくて。

好きな人に、伝えたくて。
 
 
「君が好きだよ」

 と蓮が言った。

「・・・敦賀さんが好き、本当に好き・・・」

 とキョーコが言った。声が震える。

蓮がキョーコの頬に手を添える。

 蓮が、「キスして、いい?」と言った。

暗闇の中、『二人の人形』は、互いを求めて同時に腕を伸ばし、互いの唇を探した。

 蓮の舌先がキョーコに忍び込む。

 とうとう我慢できずに、「ぅんっ・・・」とキョーコが甘い声を漏らした。

 蓮の激しい舌先が、何度も角度を変えて、キョーコの唇を塞ぐ。

「っ・・・はっ・・・んっ・・・」

蓮が何度もキョーコの唇を吸いあげて、離す。また、キョーコの舌先を絡める。遠慮する舌先に、蓮は我慢できなくて、再度深くキョーコの唇を塞いだ。
 
 
 再度明かりが全点灯したとき、キョーコから唇を離した蓮は、キョーコをピアノから降ろした。

 キョーコは目を伏せたまま、言った。
 
「・・・・敦賀さん・・・このあと、ワルツがあるんです」

「うん・・・」

「一緒に、踊って下さいませんか?」

「もちろん・・・」
 
 蓮も、キョーコも手を取り合い、黙って踊った。キョーコはワルツなんて全然分からなかったけれど、蓮のするようにただ体を合わせた。
 
「・・・・・・・」
 
――後夜祭でね、キスをして、ワルツを踊った男女はね、とても幸せになれるんだって
 
 クラスメートの友人が言った言葉。

そんな恥ずかしいジンクス、ウソウソ、信じられない、と、思った。みんなそんなものを信じるなんて不思議、と。

本当はそんな可愛らしい事を信じて、叶えて喜ぶ事ができる人が羨ましかったのだろうし、蓮とは絶対に叶えられない事を知っていて、その痛みに向き合いたくは無かっただけだ。

キョーコはそれをかなえてみて、「やっぱり、そのジンクスなんてウソだ」、と、伏せた目からは、切なくて寂しくて悲しくて、涙がこぼれ落ちた。

絶対に蓮への気持ちを我慢すると決めたのに、蓮の優しい声に、思わずひと時の感情に負けて口に出してしまった事。

あれは蓮の言葉ではなくて、人形師の台詞としての言葉だったかもしれないのに・・・。

口に出してしまったからにはもう元には戻れない。

二度と、蓮とは、元の状態には戻らない。

 ずっと、そばに、いたかったのに。
 
「・・・・なぜ、泣くの?」

 と蓮が言ったから、

「・・・お人形の気持ちが本当に良くわかるからです」

 と答えた。

「どんな風に・・・?」

「・・・・・私を愛して・・・って」

「・・・・・・おいで。もう、帰ってもいいんだろ?」

 蓮は言った。

「はい・・・」

 キョーコは言う。

後夜祭は自由参加だ。

「うちへいこう」

 今この状況で、それが何を意味するか分からないキョーコでは無い。

でも、蓮に触れられた体が、蓮を求めた。

 腕があって、触れられる。

 声があって、気持ちを口に出せる。
 

今だけでいい、たったひとつの願い事を、選んだ。




















2014.12月作成
2019.1.29掲載



*学校とか文化祭とか自由な設定にしております
パラレルワールド扱いでお願いいたします・・・