甘く優しい微熱




キョーコはいつまでたっても起きて来ない蓮を起こそうと寝室へ入り、顔の横にこしかけた。キョーコは既に服に着替えて、朝食も作り終えてある。

寝室は、キョーコのつけた薄い香水の香りが甘くうっすら漂っていて。いつもならキョーコが朝動く気配で一度目を覚ます蓮が珍しく気付かずにいた。しばらくしてもまだ起きて来なかったために、心配になったキョーコが起こしに来た。

部屋に入っても、近づいても、腰掛けても、それでも蓮は気付かずに、目を閉じたまま。

「蓮、起きて。」
「ん・・・・?」

蓮はうっすらと目を開けたがすぐに目を閉じた。

「どうしたの?」
「ねむい・・・・。」

キョーコが心配して蓮の額に手をやると、蓮はその手に気持ちよさそうにしたものの、また目を閉じた。

「なんか、少し熱っぽいんじゃ・・・・?」
「風邪・・・・ひいたかな・・・・。」
「えぇっ。」
「・・・・だからもうちょっとこのまま寝かせて・・・・。」

蓮はうつぶせに寝返ると、キョーコの腿に顔を乗せ、腕をキョーコの腰に回してまた目を閉じた。


「昨日仕事・・・・遅かったのは分かってるけど・・・・もう、起きて。・・・・風邪なら先にお医者さんのトコ行かないと。社さんに・・・・・蓮?起きられない?」


仕事の話が耳に入った蓮が、それを遮るようにして、キョーコに廻した腕に力を込めた。


「少しだけ・・・・あと少しだけ・・・・・もう、起きるから・・・・。」

蓮が意地を張り始めるとまるで駄々をこねる子供のようで。
腿にかかる寝息がくすぐったくて、キョーコは起きてもらおうと軽く頬をつねった。

「もう・・・子供みたいに・・・・。」
「君に・・・・言われたくないな・・・・。」
「蓮!!そう言うコト言えるなら、起きてっ。」

寝ぼけたままなのに言うコトはいつもの蓮の口調に、キョーコは廻されていた腕を解いた。

「もう少し・・・こうしていたい・・・。せっかく二人ともオフなのに・・・・。」

「私もオフだけど・・・・でもね、私は蓮にご飯を食べてもらったら、お昼には椹さんに会いに事務所行かなきゃなんです。もーっ・・・・だからね、そういうコトできるなら、起きてっ。全然風邪じゃないんじゃ・・・。」

蓮は解かれた腕をまた元に戻すと、先ほどより強く力を込めて抱きしめて、キョーコの身体をなぞった。

「熱、ある。だから、もう少し、そこにいて・・・・。」
「蓮・・・・?どうしたの?」

珍しくどんなに言っても起きようとしない蓮に、一抹の不安を覚える。

「明日からしばらく・・・またロス行くから・・・もう少し、このままで・・・・。」
「それは、そうだけど・・・・。」
「・・・・・キョーコちゃんが足りなくて・・・・『風邪』、ひいたらどうするの・・・・?」
「私が足りなくて・・・?あぁっ・・・・・そんな『風邪』なんてっ・・・ひどい!!!!」
「ね・・・?だからもうちょっとそこにいて・・・・。」

そう言って、蓮はキョーコの手を取って、自分の頬を摺り寄せる。
だるそうなその様子に、キョーコは冗談か本当か見極められずにいた。

「蓮?やっぱり・・・・ホントに熱、あるの?」
「だから、熱あるって・・・さっきから言ってるでしょ・・・・。」
「本当に、風邪、引いてる?声は普通だと思うんだけど・・・・。」

キョーコがもう一度熱を見ようと額に手を当てると、蓮はその手を取って甲に口付けた。


「くすくす・・・・オレはずっと・・・熱にうかされたまま・・・・だよ・・・・。」

ようやく蓮は起き上がって、「おはよう」と、今度はキョーコの頬に口付けた。

「なっ・・・・。心配、したのに!!もう二度と起こしてあげないっ・・・・。風邪の演技なんてして!!「狼と羊」、知ってる?もう絶対信じてあげないんだからっ・・・・。」

キョーコは膨れて立ち上がったものの、すぐに蓮がその手を引いた。

「でも、確かに身体が熱いな。風邪なら、うつせば治るんだっけ・・・。ねぇ、オレの熱、治してくれない?」
「いやよ。もう、行くんだから。勝手に薬飲んで。・・・・・・って蓮!!!!!!」
「だから、クスリは・・・・君なんだから・・・・治してよ・・・・くすくす・・・・。」

ベッドから降りた蓮にそっと抱きしめられて、キョーコは一つため息をついて、言った。

「それだけ元気なら、十分・・・仕事できるわ・・・・・・。」

ぼそりとそう呟くと、蓮は抱きしめた腕に力を込めて、逃れようとしたキョーコを引き寄せた。

「これからの3週間オレがいなくて『風邪』・・・・引かないでね。君が『風邪』なんて引いたら・・・・多分、オレは君を無理やりにでも・・・・引かせっぱなしに、するよ?」

蓮は、キョーコの頬に手をやって、確かめるように撫でた。

「蓮の『免疫』たくさんもらってるから、大丈夫。寂しいけど・・・・。蓮、風邪引かないのが自慢なんでしょ?絶対にあたし以外の『風邪』なんて、引かないでね・・・・・。」

「くすくす・・・・任せて・・・・・。それも自慢にしとくよ・・・・。」

「蓮の周りにはいっぱい色々と舞ってるから・・・・心配。ふふっ。」

「君の周りだってそうでしょ?帰ってきたら、いっぱい君の『風邪と免疫』、もらうから。いや・・・でも冗談抜きで、身体、気をつけてね。夜は絶対に明るい所、通って。」

「うん・・・分かってる。蓮も、ご飯、ちゃんと食べてね。向こう・・・そろそろ寒くなってくるから、本当に、風邪に気をつけて。帰ってきたら、美味しいご飯、作ってあげる。」

蓮とキョーコはもう一度抱き合い、「だからもう、起きてね」とキョーコが笑った。

「起きたら、病院、付き添ってくれる?」

身体を離した蓮はベッドサイドに腰掛け、キョーコはその前に立った。

「だって、風邪じゃないんでしょ?」

もう一度額に手を当てて見るが、少しだけ、あったかい気は・・・する。
その手に甘えて、「やっぱり、風邪。まだ眠い・・・」、と横になってしまった蓮に、キョーコは苦笑した。

「仮病を使いたがるなんて・・・・・・やっぱり子供・・・・・。」

「じゃあちょっとの間だけ子供でも、いいかな。もう少し子守唄替わりに何かしゃべってて。君の声、好き。その目も唇も眠る時に撫でてくれる優しい指先も・・・君を腕の中に抱いて寝ると・・・・ものすごく幸せな夢が、見られる。ね、もう少しだけそこにいて・・・・・・。」

蓮がキョーコに両腕を差し出して、「ね?」と囁いた。

「ふふ・・・・私、蓮の抱きまくらなの?・・・本当に子供ね・・・・・。」

蓮の、甘く優しい我がままに未だ一度も勝てた事がないキョーコは、微笑を浮かべる蓮の腕の中で、そっと、目を閉じた。





















Special Thanks & Conglatulations to sanaSEED さま
サイト一周年記念に書かせていただきました。おめでとうございます。ますますのご発展をお祈り申し上げます。
いつも勝手に送りつけるものの(すみません)・・・温かく貰っていただきまして誠にありがとうございますv
また何か送るかと思いますがその時もどうぞよろしくお願いしたいです(苦笑)。