誰の視点なのかはご想像におまかせします。


2009.4.23