魔法の国のキョーコさん2@赤ずきんのひみつ




キョーコさんのお気に入りは、何と言っても赤いフードのついた、可愛いらしいずきんです。お散歩の時は必ずそれを着けていきました。その赤い色が、森の中ではとてもよく映えます。


「ねえ、それ、いつでも着けているけれど、いつ何処でそれを作っているの?オレは作っているところを未だに見た事が無いんだけど」


蓮様は、大事そうに洗い、いい天気のもと干しているキョーコさんの後姿を見守りながら、話しかけました。


「え?」
「その、ずきん、いつ、布を買ってきて、いつ、作っているの?」
「コレですか?これは作った事はありません」
「じゃあ、赤ずきんの魔法とかがあって、それで取り出しているとか?」
「いえいえ。違います!」
「じゃあ・・・・」

キョーコさんはもったいぶって、蓮様に教えません。
いつもならすぐに教えてくれるのに!


「ひみつだなんて、なんか・・・その赤ずきんの由来を調べてみたくなるな」


蓮様に隠し事など出来ない事はキョーコさんもよく分かっています。
キョーコさんが『コーン石』と名付けたお守りに『聞いて』しまえばいいのですから。

コーン石は、蓮様がキョーコさんに渡した日から、今日まで、キョーコさんのことなら何でも知っていました。


よく一人で泣いた事、初めて使った魔法は、妖精のためだったこと・・・・。


初めて魔法を使いたいと、ちいさなちいさなキョーコさんが神様にお願いしたのは、妖精の為でした。


しあわせ鳥狩りに来た人間に見つかり、連れて帰られそうになって、籠から逃げるために、自らの羽をもいで籠の隙間から逃げ出た妖精の、ぼろぼろに破れて、もげそうになっているその羽を治したいと思ったのでした。


「でも、今のキョーコちゃんにはできないよ」

泉の中で、なまずのような、黒くのっぺりとして、つるりとした頭をした「神様」は、自慢の長いヒゲを手のようなヒレで撫でながら言いました。

「でも!!このままじゃ、妖精さん、死んじゃう!」

羽の無い飛べない妖精など無防備そのもの。歩いている内に獣に食べられてしまうか、土の上で眠ってしまって、かえらない妖精になるのは、目に見えていました。


「でも、それが自然のことわりだから・・・・・」


神というのは、平等でそして歯がゆい存在だと、神様は一人つぶやくのでしたが、神様のいう事は、キョーコさんにはちっとも理解できませんでした。


「人間には、お医者さんがいるのに、妖精さんのお医者さんは・・・・」

「国に帰ればいるよ」

「でもこんなに弱りきって、飛んで国に帰ることもできません!」

「じゃあ、キョーコちゃん。君は、こうして不幸だが倒れている妖精を、全部助けて回るのかい?」

「そうです!だって私を助けてくれるお友達ですから。お友達を助けてはいけない、っておかしいです。それにそれに!妖精さんは、とっても長生きなんです!人間が無理やり連れて行こうなんてしたから・・・・ぐすっ・・・・・この妖精さんのお父さんとお母さんとか、大好きな人とか、お子さんとかがいっぱい泣いて泣いて、人間なんて嫌いって思います。そうしたら、もう、私のおうちにいるランプの妖精さんも、お花の妖精さんも、鍋の妖精さんも、二度と口聞いてくれなくなって、私のお友達が一人もいなくなってしまいます・・・」

「うーん・・・・」


「神様は、「自分の為に魔法を使ってはいけないよ」って私が魔法を習い始める時に、言いました!私が、魔法を使う理由が、妖精さんのためだったら、それは、私のためですか・・・・?」


神様は、怒りに走った妖精が人間に仕返しするのを何度も見てきていました。
それも自然の一つだと、見守って来ました。
神様が平等でなくなったら、誰が平等だというのでしょう。

しかし、今、自分が彼を自然のことわりだと言い切ってしまうことで、キョーコさんの身のまわりのお友達が一人残らずいなくなってしまうのは忍びない、とも思いました。


キョーコさんの育ての親であり、友人として、助けてあげる事に決めました。これで自分も少しだけ神の力が弱くなる、と、思いながら。でも、それも本望でした。キョーコさんを育て終えたら、自分の次の代の神なる者もそろそろ育てなくてはなあ、などと、そんな事を思いながら。


すっかり、キョーコさんが必死でお願いする間に、キョーコさんの手のひらの上の妖精さんの羽は少しずつキラキラと輝きを取り戻していたのを、キョーコさんは気付かずにいました。


治そうと思った矢先に神様がそれに気付き、驚いた顔で、キョーコさんを見つめます。


「キョーコちゃん、魔法はね、自然のことわりを利用する事だからね、この妖精を助ける為に、沢山の花や木や、土や、水がね、少しずつ力を分けてくれる。そして、君の身体も、少しだけ、パワーを使う。絶対に、自分の為に使ってはいけないし、無駄な魔法は使ってはいけないよ?結局は君が犠牲になってしまうのだからね」

「はい!妖精さんが直るなら、私のパワーなど、いくらでもあげます。だって、いつも私のために、妖精さんは歌ってくれて、ランプをともしてくれて、一緒にねむってくれるんですもの!私の力も、分けてあげます」
「わかったよ、じゃあね・・・・」


――ぽん!


神様はとても厚い本を何処からとも無く取り出し、そして、ぱっと広げたページには、とても難しい文字が書いてあって、キョーコさんには読めません。


「か、神様っ・・・・・私には・・・・ぜんぜん読めません・・・・・・」


一生懸命おぼえた魔法で妖精さんが治ると思って、目を輝かせていたキョーコさんは、半分涙目で神様を見ました。


「でも、君は、読めなくても、十分、魔法を今、使っていたよ。見てごらん、妖精の羽、破れた所が少しずつ、治ってきているじゃないか」
「・・・・?」


自分の手のひらの上でぐったりとしていた妖精の羽は、鈍く少しだけ、輝いていました。


「だから、今から私が少しだけ力を貸してあげるから、目をつぶってよく祈ってごらん、『治りますように』ってね」
「わかりました!」



キョーコさんがぎゅっと目をつぶって、治って、と、一生懸命に祈っている間に、ものすごくまばゆい光が一度目の目蓋の向こうでした気がしました。

目を閉じていたのに眩しくて、キョーコさんは、更にぎゅっと目をつぶりました。


「もういいよ」
「・・・・・?あ!」


キョーコさんの手のひらの上にいた妖精は、キョーコさんの手のひらの上から離れて、ふわふわと飛んでいました。



「どうもありがとう、キョーコちゃん!」



さっきまで一言も話せなかったその妖精は、まるで何事も無かったかのように、スイスイと動き回り、何度かキョーコさんの周りを旋回するようにして空を飛び、そして、うやうやしくキョーコさんと神様に頭を垂れました。


「このご恩は一生忘れません」


そう言って、その妖精はぱっと消えてしまいました。


「妖精の国に戻れたかしら?家族に、会えるかしら?」
「もう大丈夫だよ。さぁ、キョーコちゃん。君も今日はすごくパワーを使ったからね。君がおうちまで帰れないと、夜の妖精たちにからかわれてしまうよ?」
「はいっ!」



すたっと勢いよく立ち上がったキョーコさんは、ふらり、と足元がおぼつかない様子で、


「ホントですね!魔法って、パワー沢山使うんですね!」


と、自分の事など関係無さそうにして、助けられた事への満足と初めて魔法を使えた事で、うれしそうに笑顔を作るのでした。




その日から数ヶ月たったある日、



「キョーコちゃん!」


泉のほとりで本を読むキョーコさんに、呼ぶものがありました。


振り返ると、あの日助けた妖精さんでした。



「こんにちは!妖精さん!もう、元気になりましたか?」


キョーコさんは、訪ねて来てくれた事を嬉しく思って、目の前で飛ぶ妖精に、手のひらを差し出しました。


キョーコさんの手のひらの上に立った妖精は、今日も、うやうやしくキョーコさんに頭を垂れると、



「今日は、キョーコちゃんにお礼を持ってまいりました」


そう言いました。



「お礼?」
「わたくしを助けてくださったお礼です。申し遅れました、わたくしは、針の妖精と申します。ある者は、縫い物の神様と呼んでくださいます。人間の針の祭りの時には、必ずそこにおります。今回も針の祭りの帰り道に泉に寄ったら、不覚にも人間に捕まってしまったのです。自分の針で、自分の羽を引き裂いて、籠の隙間から逃げました」
「まあ!縫い物の神様!私、縫い物大好きです!もっと、じょうずになりますように!そして、人間の事、嫌いにならないで下さいね・・・・?」

キョーコさんは、その妖精の羽に触れるギリギリの所で撫でるしぐさだけして、


「痛かったでしょう?」


と、言いました。


「でも、治してくださいましたから」


そう言った妖精は、キョーコさんのひざもとに、何処からとも無く真っ赤な頭巾を出しました。



「私の針仲間の皆と、妖精の国の奥に住む、天女様がつむぐ糸で作った頭巾です。キョーコちゃんが赤い頭巾が好きだと妖精仲間から聞いたので。この頭巾は、頭の痛いときは頭に、おなかの痛いときはおなかに、痛いところにかぶせればたちどころに治ってしまう、不思議な衣なのです。キョーコちゃんは先日「妖精の国のお医者さんに間に合わない」と言いましたが、妖精の国に住むものは、皆がこの衣を着ているので、医者はいないのです。私は逃げる為に、衣を脱いで、羽を引き裂きました。治る術が無かった所を、助けていただきました。天女様は日々われわれの為に糸をつむいでくださいます。私は、それを織るのが仕事なのです。わたくしの瀕死を助けて下さった話をしました所、天女様は大変お喜びになって、キョーコちゃんが赤い頭巾が好きだと聞くとすぐに、自ら真っ赤な糸をつむいでくださいました」


どうぞ、と、言って、その妖精が差し出す赤い頭巾を恐る恐る手にとってみます。
それはそれは柔らかく、軽く、ふわりとした感触がします。
被ってみると、まるで絵本で読む天女の衣を纏うかのような軽さと、優しい温かさでした。


「ありがとう!」



その日から、キョーコさんのトレードマークの赤い頭巾は、その赤い天女様製の頭巾になりました。


ある日、神様が、


「天女の頭巾を被るとは、何という贅沢」


そう言いました。


「ふわふわですっ♪」
「妖精の衣を身にまとうと、一生幸せに暮らせると言うよ。大事にするといい」
「はい、もちろんです!」



*****



「なるほどねえ・・・・・」


蓮様はしげしげと、キョーコさんの赤い頭巾を改めて眺めます。
頭巾の内側には、見たことの無い文字が縫い付けられていました。
妖精の使う文字の形だと、何かの書物で見た事があったのを思い出していました。


そして、キョーコさんは今ではすっかり魔法であっという間に妖精の痛みの治療をしてしまいます。妖精を治す魔法が得意なのは、かつてのお友達の為、神様のおかげなのだと、改めて知ったのでした。


「天女様製の頭巾は、不思議なんです!私の身体に合わせて、大きくなってくれました。私の身長が伸びるのが止まると、不思議とその大きさでとまりました。それに、長生きの妖精さん用なのか、ちっとも色褪せないですし、ちっとも穴が開かないんです!もしかしたら、私が寝ている間に、針の妖精さんがやってきて、そっと直してくれているのかもしれません!いつかまた会いたいです。針の妖精さんと天女様に・・・」


「そうだね。君が初めて魔法を使った妖精だからね。一度会いたいね」


「それに!この頭巾のおかげで、私はずっと、とてもしあわせです!なんと!王子様と結婚までしてしまいました!」


そう言って、嬉しそうに頭巾を被るキョーコさんを抱き締めると、


「じゃあその頭巾ごと君を抱き締められるオレも、ずっと、しあわせかな」


そう言って、優しく笑いました。




(おしまい)













2009.03.05



一年ぶりです!平和ぶりを楽しんで頂けましたでしょうか。