新春お題2

どぴんくダルマ

――寺の門前のダルマ市にて。だるまや大将は意を決して店の親父さんを呼び止めた。

「…そのどびんく色のだるまをくれ。」

「はいありがとう!でもお父さん、どびんくとは言ってくれるな、ばら色だよ!」

「…そうか。」

「ダルマの選ぶ色で今の目指しているものが大体分かるってもんだ。ちなみに金運は現金運じゃねえ。仕事や生活の金色の運を指すんだ。にしてもなんだい父さん、奥さんと幸せなんだ!いいねえ〜妬けるよっ。」

「……………。」

「あんた、私が払うからさっ。そこで岩になるのはやめとくれよ。」

「おー仲のいいことっ。ばら色だ!」

「………………。」

***********

――帰宅後。キョーコの部屋にて。

「…お前に土産だ…。」

「?」

「お前のユニフォームと同じ色のダルマだ…それに金運は仕事運をさす…今年飾るには良いだろう……。」

「ありがとうございます!早速片目を入れなくちゃ〜〜♪」

「キョーコちゃん、それにね、その色はばら色の人生になるんだって!もしかしたら恋のおまじないも効くんじゃないかい?」

「あ、大丈夫です!(初夢でコーンに(@新春お題1参照))大好きって言ってもらえたし…。」

「おや、お願いするまでもないのかい?」

「…えへ……(照れ)」

「なんだ失礼したよー!そうだよ、キョーコちゃんは可愛いんだからそりゃあそうだ!」

「…将来迎えに来てくれると約束してくれました…うふふ(コーンが…)。やだー、女将さんてば新年早々何を言わせるんですかー!!(バシッ…)」

「……………………………。」

「そうかい、それはばら色だよ。じゃあさ、うまく続くようにだるまにお願いしなよ!キョーコちゃんおやすみ。さ、あんた。下に行って飲むよ。」

「…………………。」

「大将、お土産ありがとうございます♪」

「……あぁ。」

*************

――居間にて。

「…(グイッ)…」

「なんだい、新年早々辛気くさい飲み方だねえ。」

「………(将来迎えに来る男)……。」

「まあ気持ちは分かるけどねぇ。正月時間はまだたっぷりあるよ!朝まで付き合ったげるからさ。」
「…………………グイッ。」

――とんだ正月になってしまった大将なのでした(笑)。おしまい(^O)=3





***************

2007.01.02


写真は今日参拝した善光寺門前に売っていたダルマです(笑)。色んな色のダルマがあって、冗談で、「どびんくがあったら買うよ…」と言ってちらりと覗いたら……あったよ!(笑)。

もちろん「そのどびんく下さい!」と言って戴いてきたのは私です( ̄▽ ̄;)。そんなわけで私の今年のダルマはどぴんくです(笑)。ちなみに上記一部分は今日交わした私と店の親父さんとのマジトークですよ…。買ったついでにネタに…(笑)。


2007.01.27追記。もちろん今年も「乙瞳」にしましたとも・・・・(笑)。