仲良し。




「敦賀さん、新しい髪〜」


ゆるくふわりとしたパーマをかけた蓮に、キョーコが話しかける。


「あぁ、うん」
「似合いますねっ」


にこっと笑ったキョーコは、蓮の髪をつまんで、


「ふわふわ〜やわらかい☆」


キョーコは楽しそうに蓮の髪で遊んで、そして、くしゅくしゅ、と髪を混ぜた。

「あ・・・ついっ」


混ぜた髪をまた戻そうとして、頭を撫でて、

「敦賀さんの髪、なんかさわり心地がよくてとても好きで・・・」


キョーコに頭を撫でてもらえた気持ちがして、蓮もつい、黙って触らせていた。


「楽しそうだね」


と、蓮が笑いながら言った。


「楽しいですっ!!だって、気持ちいいんですもの」

直すのも真剣に直しながら、キョーコは最後、ひょこ、と蓮の顔を横から覗き込んだ。
不意にキョーコのアップに、蓮は思わず少し驚く。


「うん、最初の感じに戻りました!敦賀さん、何でも似合う〜」


満足そうにキョーコは正面に戻ってそう言って、にこにこ、と笑った。


「女の子は色々な髪型が出来るから、役も変化を付けやすくていいよね」
「今度わたしもパーマかけてみようかな?それとも新しいウィッグ探しに行こうかな?」


ごきげんなキョーコの髪を、くしゅくしゅ、と蓮も混ぜて、わ、と驚いた声をしたキョーコに、蓮もごきげんに、

「大丈夫、どんな髪でも似合うよ」

と穏やかに笑った。

「またそんな適当な事を言って〜だから敦賀さんは・・・(くどくど長々)・・・」

と、反論したキョーコの髪を再び混ぜ、頭を撫でて微笑み、キョーコの尖った唇を静めた。


「もう〜・・・」


髪を直すフリをして、キョーコは照れて赤くなった耳を隠した。

 





2010.4.8(2015.2.3 本館移動)