彼女の大切なもの



「敦賀さん、敦賀さん、聞いてください!コーンは・・・」

彼女は何故か彼女の大切な思い出、
「コーン」との事を、とても嬉しそうに、
大事そうに話をしてくれる。


「それで、コーンは・・・・」

何度も出てくる、『コーン』の名前と、『コーン』の話。
彼女が大切にする「お守り」を大事そうに眺めながら、
まるでホンモノがすぐ傍にいるかのように話す。

「ほ、本当に、本当なんですっ!!!」
「だからね、疑って無いってば。」


彼女の中に眠る「思い出」を聞くのが好きだった。
微笑ましいな、と思って、黙って彼女の話を聞いていると、
彼女は毎度、我に返るのか、照れ隠しなのか、
ぶぅ、と可愛く頬を膨らませる。



*****



彼女は、「彼」の話を、自分の父親のように、とても楽しそうにする。

「それで、先生は・・・」


目を輝かせ、いかに「彼」を尊敬しているのか、
大好きなのかを熱弁する。


「うん、そうだね。」


やはり、にこやかにその様子を見守るばかり。



彼女の大切なものは、『なぜか』、オレの大切なもの。


「敦賀さんの存在は、私に、勇気と自信をくれるみたいです」

それが、彼女の中の人間としての好意だとするならば。
いつか、

「それで、敦賀さんは・・・・」

と、自分の事のように、誰かに話してくれるだろうか。
その時、こうして無垢に微笑んでいるだろうか?


*****


そして今のこの世界で、彼女だけが「クオン」に笑いかけ、
その名をそっと呼んでくれる、優しい現実。


・・・・・無意識であるとしても・・・・。


彼女の中では、「クオン」は生きていて、
大きくなり、大きな羽で大空を羽ばたいている。
そう言って、疑わない。


きっと、そこにいて、見てくれていると言う。
いつもそこに居て見守っていて欲しいと言って、
「クオン」の居場所を与えてくれている。


それが、どれ程嬉しい事か、きっと分かっていない。
彼女が、「クオン」の生きている証を、そこに与えてくれる。


何もかもが変わり続けているけれど、
今は誰も「クオン」と呼んではくれないけれども・・・
君の中で「クオン」は、変わらずに、生きている。


彼女が大切にしているものは、オレも大切にしてきたもの。
これから先、二人の大切なものが増えるといいなと、思う。


いつか、


「それで、クオンがね・・・」


と、自分の事のように、嬉しそうに、誰かに話をする日が来るだろうか?











2008.05.09