いつくしむ


五.五
 
 

 

キョーコの心配をよそに、二人は穏やかに飲み続けた。

まるで英嗣と佐保が飲んでいるかのように、穏やかで、やわらかで、そして、平和な時間だった。

キョーコが心配するような他意はなかったのかもしれないとさえ思った。

「でも敦賀さん、誰か女の子に怒られますよ」

キョーコは、少しだけ緩くなった思考の中でそうたしなめた。

「誰かって?」

「・・・・怒る人がいますよね?」

「社さん?あの人はオレと君が一緒でも何とも言わないよ。むしろオレと君が仲良くないと、困るのは社さんだと思うけど」

「社さんじゃなくて」

再度、女の子、と、言おうとして、やめた。

「敦賀さん、は、」

キョーコは出かかった質問を止めた。

少しだけ理性が緩み始めているのかもしれない。

この優しい空間で、蓮の限りなく優しい雰囲気や、まるで自分は英嗣と佐保のように、すべてをお互いに知り尽くしているような感覚、全てを許されているような感覚がするのがいけないような気がした。

「何?」

「いえ」

「女の子?この部屋には君しか来たことがないけど」

「・・・・・」

キョーコは心の中で、「あ・・・」と呟いた。

まだ蓮は何も言わず一人で恋を続けているのかと思うと、あまりに切ないような気持ちもして、キョーコは大きく息を吸って、テーブルに顔を伏せた。顔を両腕の中に埋める。キョーコは伏せたまましばらくいた。


蓮は、さらさらこぼれるキョーコの髪の間からのぞく首筋に、大きく息を吐きだした。

不意に、朝見たキョーコの載った海外雑誌の、一枚の写真を思い出してしまった。

首筋に触れたい、と、手を伸ばして、我慢して、髪先を一つまみした。

それでも、少しだけ、ひくり、と、キョーコの体が反応した。

蓮は、キョーコのその反応は、無意識だとしても、なおのこと、まずい、と思った。

背中が、ぞくり、と、する。

キョーコの耳にかかる髪がさらにさらさらこぼれていった。

キョーコの服は、背中が大きく開いた服を着ている。

なめらかな肌がのぞいている。

少し火照った肌。

昼間に見たキョーコの背中と体の曲線とが瞬間的に思い出される。

本当にまずい。

これ以上は。

蓮は自分の理性を正常に戻すように、大きく左右に首を振った。

「どうした?酔った?疲れたならもう寝る?」

「いえ」

「ここに私を呼んだら、ほかの人呼べないなって思って」

「誰を呼ぶの?ここはオレの自宅。オレの好きな相手しか入れない」

キョーコは、顔を起こして、蓮を見つめた。

何か言いたげなのは、蓮にも理解できる。

キョーコは、再度顔をテーブルの両腕の上に乗せて、伏せた。

「・・・・・」

敦賀蓮は、心底女性キラーだとキョーコは思う。

その言い方で、勘違いしない女の子はいないだろう。

自分以外は・・・。

彼の言う好きというのは、恋愛としての好きな人ではなく、恐らく社さんや自分のような、縁のある知人のうち、嫌いではない人、の意味なのだろうと思った。

蓮の部屋に来て、仕事の役柄以外で、一度も、恋愛のような場面になどなったことはない。

まるで何も興味すらないというように。

キョーコはそう思っていた。

自身のトラウマと尚の言葉や普段聞きなれた自分への他人の評価のせいで、自分自身に女性としての魅力があるという事を、キョーコは全く思っていなかった。


そもそも付き合ってもいない男性の自宅に何度も足を踏み入れて、何もされないこと自体にキョーコが一切疑問を抱いていない事、蓮の理性一つだけでそのバランスは保たれているという事にキョーコが気づいていない事を、蓮は深く憂慮していた。

これが、仕事となったら、他の男性俳優の自宅にも平気で通うのかと思うと、蓮はめまいがするような気がした。

「君は、」

「敦賀さん、それで」

だからキョーコは、蓮の女性慣れした感覚とは違うとばかりに、蓮の言葉には一切触れずに流した。

「・・・・・」

さすがの蓮でも、キョーコに伝わらなかったらしい事に少し気づいた。

自分がいたら他の女の人なんて呼べないというのは、キョーコの口説き文句だったのではなかったのか。

勘違いだったのだろうか。

ついにキョーコは自分を少しは一人の男として意識してくれたのだと思ったのに。

自分への、少しの独占欲か誰かへの嫉妬だと、思ったのに。

「あのさ、オレ以外の男の部屋に行ったらダメだよ」

「・・・え?行きませんけど・・・」

「そう」

「だって、他の男の人の家に行く事なんてありません。ましてやこんな長居する義理もありませんし」

ではオレには何の義理、と、蓮は言いかけてやめた。

はっきり言い切られても、ちっとも恋とか愛とか男女の香りすらしない。

もはや同じマネージャーの下の家族、兄と妹、と、言ったところ。

だから、蓮は相変わらず進歩の無い恋愛ごっこのような事はやめて、立ち上がった。

「シャワー浴びたら?」

「え」

「泊っていけばいい。もう送れないし。パジャマもあるし。オレのだけど化粧を落とすのもあるし、シャンプーとかも多分男女関係なかったはずだよ」

「あの・・・」

「一つ言っておくと、化粧を落とす道具があるのはオレのためのものだから、君の肌に合うかはわからないけど。誰かのものではないよ」

蓮の部屋でシャワーを浴びる。

蓮の部屋に用意されたパジャマを着る。

蓮と同じシャンプーの匂いになる。

困る。

「いえ、あの、シャワーは」

「化粧を落としたり、髪のセットを落とさないと肌のレベルが落ちる。整えておいで」

「あ、そうですね。ありがとうございます・・・」

少し強く言い、特に仕事の話になると、キョーコはあっという間にその言葉を信じてシャワーを浴びに向かった。

何かの理由があって、他の俳優、芸能人、一般男性の部屋に行かねばならない事があったとしたら、同じことを言われたら、浴びてしまいそうだ。


蓮は追い出したもののキョーコのパジャマとタオルを置き忘れたと思って、それを置きに行った。

何度かノックをしても返事が無いから、それを置きに中へ入る。

畳まれたキョーコの服。

その横にバスタオルを置いて、声をかけようとして数度扉を叩いた。

「最上さん」

中はシャワーの音が続いている。

返事は無い。

「最上さん、タオルとパジャマと歯ブラシ、ここに置いておくから」

「えっ?」

ドアを勢いよく開けて、何か音がした方を見ようとしてキョーコが顔だけを覗かせた。

濡れた髪から雫が落ちた。

濡れた肩先。

「わっ」

キョーコは蓮を見て驚いて慌ててドアを閉めた。

キョーコは中でシャワーを止めた。

「ごめんなさい、聞こえなくて。何か声か音がしたと思って」

「・・・タオルとパジャマと歯ブラシ、ここに置いておくから」

「・・・・はい」

キョーコはさすがに恥ずかしくて声が震えた。

キョーコが真っ赤になっている顔は、蓮には見えなかった。

蓮の顔が照れて歪みそうになって口元を押さえたのは、キョーコには見えなかった。

互いに、まずい、と、思った。

「パジャマもTシャツも、オレのだから、大きいかもしれないけど」

「あの、ありがとう、ございます」

再びシャワーの音がする。

肌にあたる音、扉越しに透ける肌の色。

また、雑誌のキョーコを思い出す。

キョーコと兄と妹として、同じ部屋で何日も過ごしたではないか。

シャワーだって、キョーコは自分の全部を見ているし、キョーコが入っていた時間だってあったのに。

蓮は、女の子裸なんてどうってことないと思っていたのに、それが好きな子になって、さらに自宅になった途端こんな事でこんなに動揺するのかと、自分の、本当の意味での恋愛経験の薄さに、ドアを閉めながら笑った。
 

そのあと自分の大きなパジャマに包まれたキョーコが出てきてまた、目を逸らしたい感情に襲われた。

かわいい。それしかない。

「敦賀さん。女の子の入浴中に入ってくるなんて、ルール違反です!」

「ごめんね、先に渡すのを忘れてしまったから、あとで困るだろうと思って。近くにあるのはオレが普段使っているものだからそれは大事な女の子に使ってもらうわけにはいかないし」

キョーコは蓮の、大事な女の子という言葉に、一気に顔を赤くした。

「もう、敦賀さんて、いつも言葉がおかしいです」

「え?なんで?何か間違った言葉使ってる?」

「だって・・・」

説明しようもないから、キョーコは黙った。

「オレも入る。休んでて」


 
蓮が入りに出ていき、ほどなくして戻ってくる頃には、キョーコはソファに寄りかかって眠っていた。


蓮はブランケットを取りに行くと、それをキョーコにかけた。

かける時に見えてしまったキョーコの胸元にまたくらくらする。

大きすぎるパジャマがいけないんだと、言い訳をした。

キョーコを起こそうと声をかける。キョーコは腕の中でうとうとしながらぼんやりと目を開けた。

「ゲストルームに行こう」

「・・・あ、敦賀さん・・・」

半分夢の中のキョーコは、連れて行ってとばかりに、蓮の差し出した腕に手を乗せてまた寝た。

すう、すう、と、寝息を立てた。

下を見ればまた胸元が見える。

「最上さん・・・起きて」

蓮は抱き入れたキョーコを再度起こした。

起きなかった。

仕方なく抱き上げて、ソファに一度横にした。

キョーコの髪を直す。
一度触ったら、止められなくなった。
何度も何度も、寝ているキョーコの髪と頭をなでた。
そして。

一度、我慢できずに額にキスをした。

いたずらをした子供のように、なんでこんなに緊張したんだろう、と、思った。

キョーコはそれでもまだ眠っている。

なんでこんなに可愛いと思うのだろう。

頬に触れると、少し何かが指に引っかかった。

泣いた跡が、あったように、思った。

「・・・・?」

蓮には、夢で泣いたか、あくびの涙のあとかと思えた。

「最上さん、起きて。最上さん。どうした」

「・・・・・?あ。ごめんなさい」

キョーコは体を起こすと、手を顔にあてて、ふぁ、と、大きくあくびをした。

「ごめんなさい、待っていたら寝てしまって」

「風邪をひくよ」

「はい」

「・・・・あのさ」

蓮がすっと手をキョーコの頬に添えると、キョーコはびくり、と、体を硬直させた。

「え?」

「・・・・何か、泣いていたの?なにか、あった?」

「・・・え・・・?」

キョーコは蓮の顔を、ただただ見つめ続けた。

「・・・・いえ」

キョーコが何も理由を言ってくれないのを、蓮は歯がゆく思った。

「オレには、言えない事?」

「・・・・・・」

キョーコは首を振った。

言いたい、言いたい、言いたい。

言えたらどれだけいいだろう。

真実を伝えて、断られて、この状況で、振られることは、どれだけ悲しいだろう。


蓮の匂いしかしないこの空間とパジャマに抱きしめられて、今だけは、全てを忘れてしまいたいと、ほんの少しの自分の心が願ってしまって、自らをいさめた。
今、なんてしあわせな時間なのだろう、と。
蓮とお酒を飲むと本当に、いつもしあわせと同時に苦い記憶ばかりできる。


「・・・・・・・」

キョーコは、また、じわり、と、涙を浮かべた。


そんな夢の世界はないのに。

そして、蓮のパジャマの裾でそれを拭った瞬間に、蓮の腕の中にいた。










 



 







2019.2.11