【Daydream 4 -promise and reason of tears-】



最悪の日。何もかもが最低の日だった。

敦賀蓮が壇上に上がったあと…まるで何かを探るような私を見る目つきと…好奇心の目。そして私に指を指し、「あれが・・・」と皆が言った。今日のパーティの模様を写そうとしていた報道陣らしきカメラマンと撮影陣が目に入った。敦賀蓮が今日はコレを出すことが目的だったらしいと言っていた、このペンダントと私を見比べる。そしてあれが「京子」なのだと。

すぐに学長と先生が気付いて、話しかけては庇ってくれた。私が「仕事」だと分かっていたからだと思う。先生は可愛いねと言ってくれて、敦賀君は罪作りだと苦笑いされていらした。

しばらくして敦賀蓮の挨拶が済み、ピアノの音が流れ始めて・・・・私は愕然とした。初めて聞いた音。圧倒的な存在感があるのに…澄んだとても綺麗な音・・・・絶妙で心地いい間。これがコンクール優勝曲・・・。先生が「勉強になるから見たほうがいい」と言ったけれど。勉強になるどころではない。完全なる実力の違いだった。たった4歳しか違わないはず・・・なのに。

この差は何?これだけ音楽漬けで、これだけ色々な人の音を聞いてきた私でも・・・・鳥肌がたった。正直な所・・・ミーハーな周りのお陰で私は・・・完全なる勘違いをしていたのだと気付いた。モー子さんが「音がいい」と言った理由。先生が「勉強になる」という理由。学長が「全てを許す」理由が…その澄んだ音の中に隠れている気がした。


――あの不遜な態度の男が・・・・こんな音を出すなんて。


口だけではない・・・・確かな技術力と表現力。この曲は私にも弾ける・・・そんなに技術力が劣るとも思わないのに。その表現力が、雰囲気が何か違う。何が彼との差なのだろう。分からない。それが私にはとても悔しくて、そして彼が羨ましかった。

弾いている指先が見たかったけれど・・・・私の位置からは彼の顔が見えるばかり。必要以上にしゃべるな、動くなと言われていて、うずうずと乗り出すだけだった。先生がこっそりと「見たくなっただろう?あとでビデオ貸してあげるね。」と囁いてくれた。


ずっとこの音に浸っていたかったのに。私の前に一人の男・・・・不破尚・・・・・が目の前に立っていた・・・・・。

演奏中とあって、彼は私の腕を強く引いて立たせると、廊下に出た。ぐいぐいと有無を言わさず引っ張られて、私は足をひねって転んだ。それでもすぐに立たされ連れられていく。靴も拾えなかった。裸足のまま誰もいない部屋に突き入れられた。

「お前・・・そんなカッコして・・・・何してる?」
「・・・・・・・・・。」

必要以上に話すなという彼との約束を破る訳には行かなかった。ただショータローの顔を見て・・・・本当に久々に会えて素直に喜びたかったのに・・・・こんな所でこんなカッコで会ったことに罪悪感を覚えた。

「それ・・・・敦賀蓮のネックレス。なんでお前がしてる?」

ショータローは私についていたネックレスを触り、胸元を指差して「お前に谷間なんてできるんだ」と・・・厭味を囁いた。

「・・・・・・・・。」

「へぇ・・・そこまで敦賀蓮が好き・・・ね。やっぱりあの学校の人間は・・・・全て結果主義なんだな・・・お前もそうだとは思わなかった。オレを好きだと言っていて・・・オレはお前に好きだと言ったのに。オレからアイツにすぐに乗り換えられるなんて思わなかった。キョーコ・・・オレももうお前の事は何でもない。仕事も忙しい・・・もうそんなに会う事も無いだろう。約束はしたけど付き合っても無かったし・・・・長年の付き合いでここまで来たが・・・・まぁお前には悪かったけど・・・もうオレにもオレの人付き合いがあるし・・・・・。お前との関係は切るから。」

「ほ、他に好きな人がいるっていうこと・・・・?」

初めて口を開いた言葉がそんな言葉になるとは思わなかった。悲しくて悲しくて・・・涙が浮かんだ。

「お前に言うコトでもないだろ。」
「・・・・・ショータローだって・・・・そうやってすぐに乗り換えたのに?私に罪悪感は無かった訳・・・・?約束、したのに・・・・・・。」

声が震えて・・・最後は涙声になった。

「約束は守ってたし・・・・別に。遊びだと割り切ってるだけだから。お前が約束を破ったんだろう。まさかお前から破るとは思わなかったけど。じゃ、そう言うコトだから。敦賀蓮と仲良くな・・・・・。」

ショータローはそれだけ言うと、外にいたマネージャーを連れて、バタン!と勢いよくドアを閉めて行ってしまった。


――男なんて嫌い。

なんで皆「割り切って」とか「気に入ったら」とか・・・簡単に言うの?どうして都合が悪くなったらすぐに・・・・「軽くない」私の気持ちも「割り切って」しまえるの?私は生まれてずっと21年も本気だったのに。どうして引き止めてもくれない訳?どうして理由も聞いてくれないの?そんなに簡単に「さよなら」できるような相手だったの・・・・・?


泣きそうになる目を何とか堪えて、もと来た廊下を戻った。


ぺたぺたと裸足のまま歩き・・・ほったらかしてあった靴を拾って、敦賀蓮が下がる舞台袖へお願いして入れてもらった。

敦賀蓮はアンコール前相変らずの憎まれ口を叩いた。そして「私はラブミー部」だと思い出すと、敦賀蓮同様、ラブミー部をバカにしていたアイツの事を思い出して泣きそうになった。すると彼は私に、言い過ぎたと正直に謝り、その後はとにかく優しかった。さすがに弱った女の子ぐらいには紳士なのだろう・・・・。

そして、今日の御礼と言ってくれた大好きな「愛の夢」を弾く彼の音は、今の私には優しすぎて・・・・涙が止まらなかった。

愛を貰えると「約束」していたから頑張ってこられたのに。


もう、ない。頑張れない。


泣いて泣いて、気が付くと敦賀蓮が抱えてくれていて、上からそっと「目を閉じていて」と・・・先程の紳士な顔で私に囁いた。今はそのウソの優しさでも・・・嬉しかった。



***************



敦賀蓮は私をずっと抱えたまま車まで連れて行ってくれた。泣いた私の顔は敦賀蓮の身体側に寄せてくれて、他の報道陣その他の人垣を掻き分け、車の後部座席に座らせてくれた。社さんが助手席に座り、敦賀蓮が運転席について、駐車場から発進させた。

「キョーコちゃん・・・・もう、普段どおりで大丈夫だよ。」
「すみませんでした。重かったでしょう。腕と指に、変な負担かかりませんでした?」
「いや、オレは大丈夫だよ。これから社さんを置いて、オレはホテルに帰る。君も用事があるから一度一緒にホテルへ来て。あ、自宅住まい?」
「私は学校内の寮です・・・。」
「そう。ならいいね。オレも寮なんだけど・・・まだオレの荷物届いてないからしばらくはホテル住まいだよ。不便だな・・・ピアノに満足に触れられない。」
「それが一番の不満なんですね・・・でも今日のアンコール・・・本当に嬉しかったです。今度また弾いてください。」
「感激の涙、って訳でもなかったみたいだけど・・・?」
「・・・・・・・・・。」

何も、言えなかった。

「蓮・・・・。」

社さんが私をちらりとミラーで確認して、首を振って止めてくれた。

「社さんすみません、今日弾いてくれた御礼に・・・・私からあとで敦賀さんにはお話しします。」
「キョーコちゃん、また会った時はよろしくね。」

心配そうにした社さんは、車を降りる際にそう一言だけ口にして去って行った。

ホテルに着いた敦賀蓮は、再び私を抱えた。

「い、いいです。歩けます。手当てしてもらったし。」
「裸足でホテルに入る?もうその靴じゃ・・・歩くの無理だろう?」
「大丈夫です・・・。」
「いいから。じゃあ呼ぼうか?「キョーコちゃん」・・・・?」

蓮の恋人、「京子」になるための強制的な呪文・・・・・。

「はい・・・・。」

再び目を閉じて、裏口から入った彼はエレベーターにすぐに乗ったようだった。浮遊感がして着いて・・・・再び「目を開いて」と言われたときには・・・・とにかくおっきな部屋のソファに居た。

「なんで寝るためだけにこんなおっきな部屋・・・・・」
「さぁ・・・?学長の持ってるホテルだから。ここをあてがってくれただけ。そんな事はいいから・・・。着替えてシャワー浴びて、化粧落としてきて。」
「えっと・・・・あの?????」
「そのドレス・・・・預かるから。着替えないと帰れないだろう?それに「京子」はオレの公式の場だけでいい。学校内にそのまま帰られると困る。」
「あ、そうでしたっ・・・・。」
「間違っても君をどうこうしようとかじゃない。変な心配は無用だよ。」

そう言われて・・・かっと頬が真っ赤になった気がした。大嫌いな者同士、何も無いとは思っているけれど、それでも異性にホテルで夜にシャワーを浴びろと言われてはいそうですかと言う女の子はいないと思う。

シャワーを浴びて・・・・お湯を溜めて・・・・鏡に映った自分の化粧前の元の顔。泣きはらした目の、酷い顔だった。その顔を見ていたらまた涙が浮かんで・・・・何度も溜めたお湯で顔をばしゃばしゃ洗った。

とんとん、とドアを叩く音がして、敦賀蓮が「大丈夫?」と、声をかけてくれた。時計を見るともう既に1時間以上もたっていた。「今出ます」、そう告げてお湯を抜いて出た。置いてあったバスローブを羽織って・・・・出ると、敦賀蓮はベッドの上で部屋着に着替えて寝そべっていた。そして、私が今日借りた楽譜を並べて見ていたようだった。

「人の楽譜・・・勝手に見ましたね。」
「あぁ・・・・暇だからね。ジャズなんて弾くの?」
「お仕事です。夜たまに土屋さんの旦那さんが経営しているお店でピアノ弾くんです。」
「へぇ・・・それは随分と偶然だね。今度行くよ。」
「来なくていいです。」
「くすくす・・・・オレも随分と嫌われた。おいで。君の涙の理由も軽く聞いた。悪かったよ。今日の話、纏めてしようか・・・・。」
「な、何を・・・聞いたんです?」
「フワ・・・・だっけ。来ていたんだって?君の大好きな彼・・・・君をすぐ君だと分かるあたり、君達相当好きなんだな・・・・ん?・・・・どうした・・・・?」

聞きたくない名前をぽんと出され・・・・また私は泣いていたようだった。

敦賀蓮は泣いた私を手馴れた手つきで抱き寄せ、驚いて逃げようとした私を離さなかった。そしてやわらかいベッドの上で・・・まるで小さな子供を扱うように、背中をその大きな手が往復してさすってくれた。

「大丈夫・・・・大丈夫だよ・・・・。」

まるで暗示をかけるように耳元で何度も繰り返す。
この人は冷たいのか優しいのかよく分からない。
普段は厭味しか言わないくせに・・・・私が泣けば、限りなく優しい。

「・・・・・もう彼とはお別れ、しました。もう、大丈夫じゃないんです。」
「理由・・・・話さなかったの?」
「聞いてもくれなかったです。」
「話していいよ?」

ショータローの本音を聞いてしまったのに。そんなのは、今更。敦賀蓮が、「約束」なんて当てにならないと言ったのが思い出されて、八つ当たりに声を荒げた。

「・・・・・貴方なんて大嫌い・・・・約束なんて大嫌い・・・・。もう、男なんて好きにならない・・・・・!!!」


貴方との約束。ショータローとの約束。どっちも守ったら、私には何も残らなかった。


そう叫んでしまったが最後、涙が止まらなくなった。声も抑えず、彼の腕の中で思い切り泣いた。敦賀蓮は何も言わず、言い訳もせずに私の背中を撫で続けて、大丈夫、大丈夫だよと・・・繰り返し言っていた気がした。

「抱えていてあげるから…泣くだけ泣いたほうがいい…。」


敦賀連はそれだけを私に言った。泣いて泣いて・・・・また八つ当たりに敦賀蓮をたくさん罵って・・・酷い言葉を口にした。それでも敦賀蓮はずっと囁き続け背中を撫で続けていた。泣きつかれて声も枯れて涙も出なくなったとき・・・・敦賀蓮はそっと口を開いてくれた。

「オレの手元にはいま日本全国からの「キョーコちゃん」からの手紙が来てる・・・・。京子・恭子・今日子・共子・響子・・・・。オレが探していると・・・・言ったがためにね。何百通と来て・・・正直どれがオレの探しているキョーコちゃんか分からない。会って伝えたい事があるだけなのに・・・・。だからね、見分ける為に君、というよりラブミー部を利用させてもらった。あの土屋さんに預けていたオレのペンダントをつける人間が「オレが探しているキョーコちゃん」だと・・・マスコミには言ってあったから・・・・。本物が「違う」と・・・言ってくれることを期待してるけど・・・見つからないかもね。しばらくはそれでもいいと思ってる。そんな事のために君を利用して悪かった・・・・。こんなに泣かせるつもりじゃなかった。土屋さんには相当恨まれるな・・・。仕事はもう無くなるかもしれない。本当に彼の事が好きだったんだね・・・・。」

「どうして男の人は・・・割り切ってとか・・・・気に入ったらとか・・・・言えるんです。私はそんなの出来ないのに・・・・・。私はいつでも「本気」なのに・・・・。」

「そうしなければならない時もあるからだよ・・・・・。いずれ君も分かる時があるかもしれない・・・・今はそんな事を気にしないで・・・・彼を忘れるんだね・・・・。」

「忘れるってどうやればいいんです・・・・。敦賀さんが今まで「気に入って」付き合ってきた子たちはどうやって敦賀さんをすぐに「忘れた」んです・・・・」

「さぁ・・・向こうも「割り切って」いたから・・・・。お互い一定の距離保っていたし・・・・。」

「冷たいですね。」

「・・・・・・そうかもしれないね。君とは正反対にいる人間だよ・・・。」

敦賀蓮はそう言うと、自嘲気味に笑った苦笑いの吐息を吐き出した。そして、それ以降黙った私を、ずっとさすり続てくれた。

「辛いときは人肌だけでも楽になるから」と・・・不覚にもその体温の暖かさにうとうとし始めてしまった私にそう言った。

バスローブのままで彼に抱きつき、少し無防備にもはだけていた状況に「ごめんなさい」と謝ると、「バスローブ姿で抱きつかれて・・・オレの腕の中で泣いて弱った君はすごく魅力的だけどね、生憎君はオレが嫌いだからね。」と、さらりと恥ずかしい事を言いながら、そんなのも慣れた様子で、くすくす笑っているだけだった。

飛びのいた私にパジャマに着替えさせると、今度は真面目な顔で再び抱えて「足は大丈夫・・・?何もしないから、もう眠って。」それだけ言うと、それ以降口を開く事は無かった。


彼なりの、私への懸命な謝罪の意の表れなのだと思った。
紳士なのか、不遜なのか・・・・よく分からないけれど。
彼の腕の中はとても温かくて、泣きつかれた私はすぐにその体温と共に眠りに、落ちた。









   

←top




2006.02.24