【Daydream 2 -just don't like him-】




彼は私の腕を取って支えたまま、助手席を開けてくれた。
運転席について、外に土屋さん他、たくさんの店員さんが深々と頭を下げているのが見えた。敦賀蓮は当たり前かのように気にする様子も無く、横付けしていた車を走らせた。

「大丈夫だったんですか・・・・?土屋さんに挨拶もそこそこで・・・・。」
「あぁ、うん。またすぐ会うから。あぁ・・・君・・・・歩きにくそうだから・・・・ついたらずっとオレの腕に掴まっていればいい。支えるから。」
「あ、あの・・・はい。」

支えてくれるのは・・・・嬉しいのだけれど・・・・どうしても胸元が彼の腕にあたるのが気になる。そんな事は慣れていらっしゃるご様子の敦賀蓮。私が気にするだけ無駄なのかもしれないけれど・・・・。それにしても「業界のパーティー」・・・・・。

「業界のパーティ・・・・って何をするんです????」
「あぁ・・・・オレほら・・・・コンクール優勝したからって・・・・記念に開いてくれたんだけどさ。オレ帰国したてで同伴いないから。君はその役。」
「ど、同伴〜〜〜〜〜????」

「ぶっ・・・・・パーティ中でピアノ・・・弾かなきゃいけないから。その持ってる楽譜・・・オレが前に立っているのに気付かなかったほど好きなんだろ?今日の御礼に弾いてあげるよ。オレ、それは初めてだから。譜面捲りして。ぶっつけでも大丈夫だよね?」

「もちろんですけど・・・・。でも曲目なんて…勝手に決めていいんですか?それにぶっつけで弾けるんですか?」

「どうせ本題の曲と…アンコールが待ってる。アンコール自体は好きにしていいから。ぶっつけだろうと・・・・さっき見て軽く流れは覚えたから。あとでもう少し見てやるよ。」

「えぇぇっ・・・・・?」

――それはそれは羨ましいぐらいのすごい特技だとは思うけれど・・・・・。モー子さんみたいな暗譜力がある人、モー子さん以外で初めてみたわ・・・・・。

音楽の話をする彼は…とても楽しそうに見えた。やっぱり好きなんだなぁとは思う。同じ音楽に携わるものとして接するのであれば…この人はそんなに嫌な人ではないのかもしれないけれど…その他の性格は最悪ね。

「でもさ、一応同伴だからね・・・オレの恋人役の演技、できる?」
「できませんよっ・・・・女優さんじゃないんですからっ・・・・。」
「ふ・・・・好きな人、いるんだっけ?付き合ってるわけ?」
「・・・・・いいえ。」

今日聞かれるのは既に二回目・・・・・。

アイツと付き合っているわけではない。けれど、ずるずると・・・・21年も来てしまって。あとは私が高みに上ればいいはずなのに・・・・。一体この先どうなるのかは、分からない。いつかお互いが諦めて、くっつく日が来るのだろうか。

「今までは?」
「私には彼一人だけでいいんです。もう21年も好きなんですよ。」
「へぇ。気が長いね。」
「失礼ですっ。彼も私の事好きでいてくれているんですからっ。ただ、付き合ってないだけです。」
「ならなお更。もう21だろ?お互い好きでなんで付き合わないわけ?」
「約束があるからです・・・・。」

「ふぅん・・・そんなもの?そんな「約束」だけで、付き合うわけでもなく、傍にいなくても平気なんて。いつ心変わりするか分からないのに。付き合っていて、何かしないなんていう約束ならまぁ…分からなくも無いけど。お互い「好きだ」と言っているんだろ?」

「まぁ仰る事は正論ですが・・・・これは私たちの「約束」なんです。でも、そういう貴方だって・・・長年海外にいて・・・・向こうに彼女置いてきて平気なんですか?」

「彼女?あぁ、オレ・・・・特定の人間は作れないから。その時気に入れば「付き合う」けど・・・・。オレも音楽漬けだったし、それをおしてまで会いたいと思う子はいなかったから。やっぱり長くは持たなかったな・・・。」

・・・・・・。

本当に・・・・最低な男ね・・・・・。

「へぇ・・・・それで、今日も私は「虫除け」なんですね。」
「あぁ、さっきの話?」
「・・・・・・・・・。」

「拗ねた?オレの恋人役じゃなく、恋人になる?」

「例え貴方を好きだったとして、すぐに別れる事が分かっているのに・・・ここで「ハイ」なんていう人間・・・いると思います?他の人が可哀想だと同情しているのに。貴方、本当に人を人としてみてます?好きになって付き合ってます?」

「くすくす・・・・確かに正論だね。じゃあ君には会場でフリのキスはしないでおこうか。連れとしてオレに寄り添うだけでいいから。誰かに話しかけられて何か話さなければならなくなったらオレの名前を呼べばいい。知らないフリをしていて。どうせ化けた君の事分かるのなんて、学長ぐらいしかいないから。君・・・名前、キョーコだっけ?京都の京に子供の子で『京子』にしよう。そしてピアノを弾く人間。それだけでいい。オレの同伴として・・・・今後それで通す。オレが公式の場に出なきゃならないときは毎回それを着て土屋さんに変えてもらって。」

「えっ・・・・???お仕事、今日だけじゃないんですか???」

「だからオレ、特定の人間は作らないって・・・・言っているじゃないか。君はオレの恋人役で同伴者。いちいち人間変えてお願いするのも面倒だから。」

「本当に・・・・最低ですね。一度言っておきますが・・・・私、貴方が大嫌いです。」

「くすくす・・・良かったよ。その方がやりやすい。お互いその方がいいだろ?」

「でも・・・・そうしたらハンコ、いつもらえるんです?」

「んー・・・そうだな・・・毎回押そうか。毎回の恋人の出来具合によって押すよ。」
「ひ、卑怯です。」
「君や土屋さんには悪いけど・・・・仕方なくてね。」

その後、敦賀蓮は饒舌だった口をぱったりと閉じた。

私に「恋人役」をやれと言う。私がぶつかって取り違われなければ、この役はモー子さんだったはず。

――モー子さんなら・・・・きっと気付いた時点で「帰る」と言うだろうなぁ・・・・。

ラブミー部を個人的な理由から利用して…。なんで学長はこんな仕事の為にOKを出したんだろう?モー子さんは音楽家としての敦賀蓮の演奏を見ていたはずだから…なお更ショックで寝込んでしまうかもしれない。モー子さんのことを思ったら、ぶつかったのが敦賀蓮に興味が無い私でよかったと思った。とりあえずやりきれば「ハンコ」は貰える。

「敦賀さん・・・・一体、どんな「恋人」を演じれば・・・満足してもらえるんです?」
「ん・・・?あぁただ・・・・オレにべったり寄り添っていれば、それでいい。」
「なんか・・・頭悪い女みたいでイヤです・・・・。」
「あんまりしゃべらないでいてくれないと困る。」
「・・・・・・?」
「オレを好きな演技、できない?」
「・・・・・・演技って・・・・いっても・・・。私貴方が嫌いです・・・・。」
「じゃあオレをその君が大好きな「彼」だとでも思えばいい。」

――・・・と言われても、そんなべったりとくっついた事なんてないんだもん・・・・。

「あぁ、経験が無いのか・・・・困ったな。じゃあ少しだけ、暗示かけてあげるから。君もやるだろ?コンクール前。習っているよね?」
「習ってはいますけど・・・・イヤです。」
「じゃあ、演技して。」
「分かりました・・・・・・自分でかけます・・・・・。」

「出来るなら話は早い。毎回それでお願いする。オレが君を「キョーコちゃん」と呼んだら・・・君はオレの恋人の「京子」になる。そして、何か言われたら・・・「蓮」と呼べばいい。いいね?」

「はい・・・・・。」

何の為に、そんな事までして私に演じさせなければならないのかが分からなかった。土屋さんの動揺と、敦賀蓮の事情。私が知るところではないとはいえ、何がしたいのだろう・・・。

「着いたよ。裏から入る。君の招待状は無いけど、オレの同伴ってことで通すから。「京子」になれる?どう?」

――こんな事の為に・・・・暗示を勉強したわけじゃないけれど・・・

「・・・はい・・・・ちょっと待ってください・・・・。」


私は「京子」になるべく・・・・・初めて正面からじっと敦賀蓮を見た。「キョーコちゃん」と呼ばれて・・・・正直な所・・・・ビックリして・・・・一瞬我に返った気がした。先程までの敦賀蓮じゃない。目の色が違う。優しい色・・・・。これが土屋さんがいう「紳士な」敦賀蓮なのだろう・・・・。

敦賀蓮も「蓮」として・・・・暗示をかけているようだった。これを普段から見ていたら・・・・確かに敦賀蓮に「オレの恋人になる?」と聞かれたら「ハイ」と・・・・言ってしまうのは・・・・分かったような気がした。

――最低で、手に負えない最悪な男・・・・。こうして操って・・・・女を見下しているに違いないのに・・・・・。

――お互い嫌いなら、利害関係が一致してはいるんだから・・・・利用すればいいこと・・・・。私もここでハンコを稼げれば・・・・それに越した事は無い。仕事上の関係として何とか割り切れば・・・・・。

「蓮・・・・。」
「じゃあ行こうか。キョーコちゃん・・・・・。」


最低で最悪なお仕事の、幕開けだった。









   

←top


2006.2.22