Night Cross 番外編  





無言のPromise






・・・・・・開けられない。




一つの引き出し。
真っ黒なちいさな箱が二つ入った、ベッド脇のサイドボードの引き出しの一番下の段。
開ければ小さなティアラとおそろいの指輪が入ってるだろう。
東京にいた時と全く同じ家具と配置のベッドルーム。



どうして、自分でそうしてしまったのか・・・自分の首を絞めているのは分かっているのに。



『いく、すぐにいく!!!だから、待っててね、れん・・・。』




・・・・すぐっていうのはいつだ・・・・?



7月7日。


今日は祈れば・・・願えば・・・・・一年に一度は想いあった男女が会える日だろう?
今日も・・・・・今年も・・・・空は、晴れているだろう?
もう、5回目・・・。



きっと毎年、オレの周りだけ、雨が降ってる。



あと何回祈ったら、願ったら、会えるだろう。
あと何回祈ったら、この恋が、冷めるのだろう。
恋なんて、知らなければ良かった・・・・こんな気持ちになるなら。




「レン。」



呼び止められて、はっと・・・身体が硬直した。


「リンディ・・・・。」


オレのマネージャー、いつでも一緒。
彼女と同じような造りの顔。
でもオレの、本当の願いは。会いたいのは・・・・。




「おはよう。もう準備できた?・・・・どうしたの?怖い顔。」


戸口に立ったまま、彼女は笑った。リンディは家には入れても、寝室には入れてないし、オレが誰も寝室に入れていないのを分かっているのか、自ら入ってこない。



誰も入れないのは。
酒を飲んでいなかった正気の彼女を・・・最後に寝室に迎え入れて、オレが好きなのは別な人だと思っている彼女に・・・本音で告白をして、それに泣いた彼女に、オレも心が泣いていたから。アメリカに行きたくないと、仕事を忘れて、初めて思ったから。


正気でない彼女を・・・最後に寝室に迎え入れ抱いたとき、愛しすぎて、日が昇るのが、別れるのが辛くて・・・眠れなかったから。



彼女が会いにくるまで・・・・もう、誰も入れたくなくて、そのうちにオレの中で暗黙のルールができた。


会いに来て欲しい。会いたい。


じゃあ自ら戻れ、と・・・頭の中で、別の部分が言う。仕事なんて、どこでも出来るだろう?と。


戻らないのは。
正気の彼女と結果を出すのが怖くて・・・・臆病なまま、彼女の言葉を信じたまま、恋をしたまま・・・。ずっと、オレの恋は、彼女だけで・・・生きていたいと。勝手で、他力本願、彼女との無意味な繋がりを求めていたりして。



「リンディ・・・知ってる?7月7日ってね、日本では小さなコレぐらいの紙・・・短冊っていうんだけどね、何か一つだけお願い事を書いて、笹の葉に括るんだよ。」
「へぇ?そんな怖い顔で、お願い事?もう・・・・・日本に、帰りたい?」
「いや・・・そうじゃないけど。」
「お願い事、してたの?何を・・・・したの・・・・?」
「今日乗る飛行機が、落ちないようにってね。」
「・・・・・お願い事、私には言えないのね。」
「はは・・・そうじゃないよ・・・何か他力本願な大それた事願っても・・・いい結果はやってこないだろ?願う前に自らやれって・・・ね。だから何か願うなら、自分の運でも祈っておいた方がよほどいいね。」


たまに、こうして思い出しては自分へいつも言い聞かせていること。「会いに来て」なんて、虫が良すぎる。まさに他力本願すぎる事。しかも日本を5年も離れて、戻りもせず、誰にも連絡を取らない状態で。ありえないだろう。




「まあいいわ、もう出ましょう?遅れちゃう。」
「そうだね。」




足首に絡まったアリーにしばらくの別れをした。







で。




願えば・・・なんでも叶うのだろうか。


――ショッキングピング・・・・。


街中でその色を見かけたあの時は、本当に不思議な既視感だった。
7月7日だから?朝、珍しく他力本願に、願ってみたから?頭の片隅で、そんな事を考えながら、心が抑えられなくて、自ら会いに行って、声をかけた。

オレに涙目で抱きついた髪の長い彼女に、「ずっと会いたかった」と・・・何度も本気で口にしそうになった。気を失った彼女に、本当に久しぶりに「テンパって」、仕事の事なんて時間なんて、すっかり忘れていた。オレが連れて帰らなければ、と冷や汗と共に、何の根拠もなくそう思った。リンディの叫び声と、グレッグの厳しい表情で、それは阻止されたけれど。




「君に、逢いたい」




一番書きたかった言葉。言いたかった言葉。
一年に一回じゃなく、毎日心に書き続けてきた、言葉。




その日、ベッドサイドの引き出しを、5年目にして、初めて・・・・開けた。








*********








「蓮〜〜〜〜〜〜!!!お願い事、もう書いた〜〜〜〜????」
「いや・・・。」
「もう、時間かかりすぎ!!!早く書いてっ。」
「じゃあ早く君の子が欲しい。」
「むぅ・・・そんな結婚もしてないのにっ!!そんな現実的なことじゃなくて・・・蓮の夢はないの????」
「・・・・・はは・・・結婚でもいいけどね。・・・夢ね。」



今いるこの空間、時間全てが、5年前の、夢の中のようなものだからね・・・。



『明日乗る飛行機が落ちないように。』


「な、何それっ・・・。一年に一回しか無いのよ???」
「お願いなんて他力本願なのは好きじゃない。運を・・・くすくす、いや、なんでもないよ・・・オレは全ての運をもう使ってしまったからね・・・。君のは?」



【蓮が、明日も元気でありますように。】




「・・・ありがとう。じゃあ、付け加えないとね。」





【蓮が、明日も元気でありますように。】
   ↑キョーコちゃんが





「じゃあもっと。」





【蓮が、明日も元気でありますように。】
   ↑キョーコちゃんが、誰もが



「お願いじゃないね。」
「でも、一番いいと思わない?元気があれば何でも出来る・・・って言うでしょ?」
「ははっ・・・そうだね。」


グレッグもリンディも・・・元気だろうか?
あの二人は今頃どうしているだろう。



「グレッグとリンディ、元気かな・・・。」
「蓮、またロスに行きたい。二人に会いたい。」
「うん・・・じゃあもう一枚、短冊に「逢いたい」って一言書いて送ろうか・・・。」


エアメールを受け取ったリンディは何を言うかな。
「コレが「タンザク」って言ってね、ササに括りつけて、年に一回お願いするんだって。あら、何にお願いするのかしら?神様?・・・・私たちに会いたいって。」


そんな会話が繰り広げられるだろうか。


「君に・・・逢いたかった。」
「・・・・・蓮・・・・。」




6年越しの、この日に届けたかった言葉。



彼女の細い首元にいつもかかっているちいさなクロスにそっと口付けて、心の中で告げた。東京の部屋の引き出しにしまった6年前のあの日、そっとかけていた願いが、成就したことを・・・・・。





【いつかまた逢えますように・・・・】













2006.07.07


とりあえず日付変更線は間に合ったんですけど(笑)もう少し勝手に改良していると思います。



誰もが明日も元気でありますように!