The Spiral





『・・・・可愛い・・・・・』



――・・・・・・・!!!!



「・・・・っ・・・・」


尚は、ビクリ、と、激しく身体を揺らして、起きた。
夢の境目に、自我が入り込んだ。



「どうしたの?」


前から祥子の声がする。
そこが車中だったと気付くのにしばらく時間がかかるほど、尚は珍しく素で呆けていた。


「ステージに、遅刻する夢をみたんだ」


尚は言った。苦虫をつぶした顔で。
そして、ちっ、と、一つ、舌打ちをした。


「疲れたのね、もうすぐ、自宅に着くから、もう少し寝ていてもいいわよ」


祥子の言葉を無視して、尚は窓の外に視線を流した。


――アイツの髪が、黒かった


のは、どうしてなのか。


ショーちゃん、と呼んだ声が、限りなく優しかったのは、どうしてなのか。

自分を覗き込んだ相手のその頬に、そっと手を、添えたのは、どうしてなのか。


柔らかい頬の感触を、脳が覚えている。
細めた瞳、少しだけ開かれた口元、淡く儚げに色めいた表情は。
最後、相手に、伝えた言葉は。
その後、自分は、夢の中で、どうするつもりだったのか。
身体が、今、熱い、のは。


「はぁぁぁぁ・・・・・・・・・」
「なに、どうしたの?そんな溜息。そんなに、嫌な夢だったの?」
「・・・・・・・・・」

尚は、胸のポケットに入っていたサングラスを、かけた。
口元を、覆った。
ミラーから見えないように、窓の外に更に顔を向けた。



――身体が火照っているのは、うたた寝などしたからだ



子供ではあるまいし、夢の中で、一体、どんな。





――今度はオレンジの髪で出てきやがれ、そしたら笑い飛ばしてやる・・・



ありえねぇ、と、笑い飛ばして、しまいたい。



それでも、自分の心から湧き出るものを、笑い飛ばして、ギャグにして、『気付かないフリ』をするほど、音楽家としての感性は、鈍っていない。



その鈍くない自分に向けて、また一つ、息を、吐いた。
その溜息の憂慮の意味を、本当は自分が一番、分かっている。



16年という年月が消えるわけじゃない。
たった一言が、岐路だった。
行き先を自由に変えた、道標。




消えない、消えてくれない、寄せては返す、心の中が求める、やさしい・・・・





夢の先の相手に甘えようとした緩い疼きが、心の奥底で鈍く、燻っていた。













2009.02.08