それでも君には戻れない 



キョーコが「私、敦賀さんと付き合うことにしたの」と言ったのを、不破尚は黙って聞いていた。男としての強いプライドが邪魔して、言いたい事が言えない。

「・・・・・・ふぅん。」

興味無さそうに、半分強がりでそう言うのが、尚にとってはせいぜいだった。

「あんたには関係ないと思うけど。」

キョーコとしては、尚が一方的にライバル視をして、昔から「大」嫌いな敦賀蓮と自分が付き合うというその事実について、きっと聞けばそれなりに復讐できるもしれない、そんな打算的な感情だけで口にしている。

「よかったな。お前でももらってくれるおめでたいヤツがいるなんて。」

キョーコはそんな言葉を待っていたわけではないから、カチンときたが、我慢して受け流した。

「そうね。」
「幸せ、なんだろ?」
「・・・・・?あたりまえじゃない。」
「それなら、いいんだ。」

尚は、キョーコをじっと見つめて、

「オレに何て言って欲しかったわけ?」

と言った。

「え・・・・?」
「・・・おめでとう?それとも、悔しがるオレの姿でも見たかった?オレが大嫌いな敦賀蓮との事をわざわざ報告しに来るなんてさ。」
「・・・・・・・・。」
「・・・オレは、「お前」が「敦賀蓮」を選んだんならそれでいいと思うけど。敦賀蓮がお前を選んでいたのは知ってたから。」
「い、いつからっ・・・そんなの知ってたの・・・。」
「さぁ・・・・・。」

尚は面倒そうに足を組みなおし、急に素に戻ったキョーコを見ながら、遠い日の記憶を掘り返していた。


「おまえ、本当に肝心な所は鈍感だからな。いい性格してるぜ。」
「な、なによっ。」


――誰の気持ちも気づきやしねぇし。


不破尚が視線を窓の外に逸らすと、一台の高級車が目に留まり、「あぁ・・・」と嘆息をもらした。

「先輩に送らせるとはいい身分だな。付き合うと先輩も足に使えるわけだ。」
「・・・・ち、ちがっ・・・・・これはっ・・・・。」

キョーコもさすがに弁解に入ろうとしたが、うまく言葉に出来なかった。

「・・・・鈍感ってのも、一つの特技なのかもな。」


不破尚が、ぼそっとそう言ったのを、喧嘩を売られたのだと思ったキョーコは「またバカにして!」と言って憤慨したが、尚は聞き流した。

「いいじゃねぇか。人間誰もが自己満足だけで生きてるんだ。お前が満足するような生き方すりゃあいい。それともオレにこうして会いに来るあたり、「敦賀蓮なんてやめておけ」とオレに言って欲しいとか?それとも「オレもお前が好きだ」とか言ってすがる言葉が聞きたいとかな。」

尚が言った言葉を聞きながら、キョーコは尚をじっと見つめていた。

「あんたにそんな台詞言われたくないわ。」

その言葉を吐いたキョーコの目は、確かにその言葉に「興味が無い」目、だった。
好き、嫌い、以外のもう一つの感情、男として興味が無い。


そうしてキョーコの復讐は鈍感にも一つ完了する。
本人は気がつかないうちに・・・・・・・・。


「もう帰れよ。先輩待たせてんじゃねぇ。」
「・・・・じゃあね。この事は敦賀さんのマネージャーさんとあんたしか知らないんだからね。」

そんな借りなんていらねぇよ、と尚は思った。
しかし、ある日突然ワイドショーで知るのと、こうしてすぐに言いに来るのと・・・・・・・・どちらが良かっただろう。どちらにしても、結果は同じだけれども。


「せいぜいお幸せに。また別れたときは報告しに来いよ。「やっぱ遊ばれたんだな」って言ってなぐさめてやるからよ。」
「なんないもん!」
「のろけんな。はやく帰れ。」
「せっかくいい報告しに来てやったのに。じゃあまたね!そうそう、あんた、あの新曲の衣装はどうかと思うわ。」
「お前にオレの素晴らしいセンスなんて分かるもんか。あの服を着られるのはオレぐらいなもんだ。」
「あっ・・・相変わらず憎たらしいこと・・・。」


キョーコはじゃあね、と言ってすぐにドアから出て行ってしまった。

尚が一言、「相変わらず鈍感なやつめ」、と捨て台詞を吐いて、「一生教えてやらねぇ」と呟いた。


車中に戻ったキョーコが、

「敦賀さん、いつから私の事を好きだったんですか?ショータローってば知っていました。」

と聞いたのを、蓮は苦笑いで受け流して、

「彼がそう言ったんだ?」

と、とぼけたフリをした。

キョーコは、

「でもなんでショータローが知っているんでしょう?いつ会ったんですか?」

と首をかしげて、不思議そうにしつづけた。






2007.12.17


この曲の歌詞が尚の曲にしか聞こえなかったので。
実際本誌ではどうなるんでしょうね、尚さん。
言うんかな、言わないんかな。
言わない感じのその後っぽく。