赤信号、いつまでもそのまま、赤信号のままでいて。


SIGNAL



無意識に息を呑んで止めた。
しばらく止めたままだった事を、キョーコはようやく気付いた。

――何なの、この胸の痛みは。

蓮が制服を着た女の子を、その胸にぎゅうと抱しめていたのをうっかり見てしまい、思わず息を潜め、壁に隠れた。
そして、足早に元来た廊下を戻る。


――敦賀さんは、ようやく思いを遂げたのだ。


キョーコは、そう、理解した。


あんなに誰にも言わないと、言えないと言っていたけれど、蓮が望めば叶わない事など殆どないだろう。こと恋愛に関して、蓮が望んでも叶わない事の方が皆無だろうと、キョーコは思っていたからだ。言えば、叶う。だから、ついに口にしたのだと思った。


そして、自分この胸の痛みには覚えがあった。


――片思い暦十数年の経験はあるけど・・・片思い暦たったの一秒だなんて。


無意識下に眠らせていた所謂恋心、というものが、単に起きて表に出てきただけ。

今更自分の気持ちに気付き、そして、たったの一秒で玉砕した事を感じていた。

自分の気持ちなんてたったの一秒。
だから、きっとこれは気のせい、すぐに忘れられる。
・・・・そう自分に言い聞かせる。


今までもずっと「気のせい」で過ごしてきたのだ。
だから、これからもずっと「気のせいでいたい」と願ったのはある日の自分。


ぴたり、と廊下を進む足を止がとまってしまった。
これ以上廊下を進むと人に会う。


――足だけでなくて、無駄に膨らむ自分の心も止めてほしい。


新たに知った自分の心に戸惑う。
自分だって、蓮に抱しめられた経験は何度かある。


思い出して、胸が痛んだ。


あの大きな腕は自分を守るためには出来ていない。
あの子を守るためにあるのだ・・・と。

こんな時に限って、浮上しようにも浮上できなかった。

「・・・っ・・・・・・。」

「・・・・・最上さん?」


蓮が同じ廊下を歩いて帰って来た。声を掛けたのを、キョーコは背中が凍る思いでいた。振り向く事なんて到底出来ない。

「・・・どうした?・・・泣いてる・・・?」

誰もいない廊下で一人泣いているキョーコに気付いた蓮は、それは心配して、屈みこんでキョーコの表情を伺った。

「ご、ゴメンなさいっ。よ、養成所で・・・・泣くっ・・・宿題が出ていてっ・・・モーコさんみたいにうまく泣けないからっ・・・・・。」

泣くという動作を思い出した時、思い出せたのは奏江の事だけだった。
「・・・・・・そう・・・・なの?」

という傍から、キョーコはボロボロ涙をこぼし、「一度涙腺緩めたら、元に戻らなくて」と言って、「今度モー子さんには、美しく涙を止める方法を聞いてみます」と言って蓮に笑いかけ、平気である事をアピールしようとした。

蓮が以前キョーコが泣いた時のように抱しめようとして、キョーコは拒んだ。

「・・・大丈夫です。」

キョーコの心は、極限まで張り詰めていた。
蓮の心も、キョーコと同じかそれ以上に痛んだ。
うまく元気付けてあげる事すら自分に出来ないのかと。
まさかキョーコが勘違いをしているとは知らない。
涙が止まったキョーコと、無言の蓮が黙ったまま廊下を進む。
送るよ、といった蓮の車に乗り込むと、キョーコはおもむろに口を開いた。

「あ、あのっ・・・。」
「何?」
「黙っているのは卑怯なので言います。ゴメンなさい・・・見てしまったんです。」
「何を?」
「・・・・さっき敦賀さんが女の子を抱しめている所を・・・もし、あの、その・・・私、黙っておきますから安心してくださいっ。」
「・・・・?あぁ・・・違うよ。抱しめた理由は君が思っているような理由じゃない。」

蓮はその事を詳しく言わなかったが、キョーコが何を言わんとしたのか、何故泣いていたのかを、ほんの少しだけ自分の期待したように理解したかった。

「そう、なんですか。」
「もしかして、オレがあの子と付き合っていると思った?」

キョーコの顔が、意外そうに蓮を見上げたままだったから、蓮の思惑は当たらずも遠からずだったりかな、と、ほんの少しだけ嬉しく思った。

そしてキョーコのたった一秒の片思いは、もしかしてまた数年続くのか、否、そんなのは・・・・と、新たな葛藤でまた泣きたい気分のキョーコだった。







2008.2.7

いつ作ったんだろうコレ・・・・・・・(汗)。
ファイル整理していたらでてきました・・・・。
自分で読んでもいつ書いたのか思い出せない(笑)。

たまに話を書いているときに不意に思い浮かぶものをメモしておく事がありますが、その類だと思います。タイトルも無かったのでうっかり捨てそうになりました・・・・。キョーコさんの自覚を促したかった私の願望かと思われます。