ねがい


「ふ・・・・はっ・・・・・」

彼女の中を彷徨ったまま、唇をやんわりともて遊ぶ。

「こら・・・・。」

彼女がオレの前髪に指を入れてわしゃわしゃ、掻きまぜる。
恥ずかしさから来る感情をごまかすように、オレに対抗する彼女なりの毎回の妨害。
今日は前髪にしたらしい。

「れん・・・前髪下ろしてたほうがいい・・・。」
「そう・・・?」
「私の前だけは下ろしててね・・・・。」

笑ったオレの唇を引き寄せて、ちゅ、と音を立てて吸った彼女は、「何もいらないから来年の今頃もこうして二人でいたい」と言って、ちいさく笑った。

「・・・・・・もう、満足した?」
「んっ・・・は・・・っ・・・・ぁあ・・・・・。」

のんびりと会話していた彼女を、もう一度高みに上らせる為に奥をつきあげる。

彼女の高い声とオレを強く求める表情。
腕の中には、こんなにも愛しい気持ちと共に、幸せな温もりがある。


「キョーコちゃん・・・・」
「れん、れんっ・・・・」


互いに名前を呼ぶだけで、きつく熱を伝え合っていく。
高みに上る体温と感情。


――何も、いらない。


反らした彼女の細い首元に口付けて、一つ跡を残した。












「無理させた・・・?」
「へー・・・き・・・。」

腕の中で半分寝ぼけている彼女の額にそっと口付けると、ふわり、と優しく微笑んで、さらに目を細めた。

この腕の中の愛しさが消えてしまわないように・・・毎日ねがう。
来年もそのつぎも・・・・・。


「ホワイトデー・・・何かほしいもの、ない?」
「ん・・・・。」


彼女は、ぼやぼやとオレの腕の中で首をかしげた。
しばらく考えていたようだったのに・・・すぅ、と気持ち良さそうに眠ってしまった。


「おやおや・・・。」


「欲しいものないの?」と夢の中の彼女の耳元でそっと呟いたら、首をすくめて「れん・・・」と一言つぶやいた。



――くすぐったい、の意味だろうけど・・・・。



「くすくす・・・勝手な解釈するよ・・・・?」



彼女の額にもう一度口付け、眠りたての高い体温を感じたくて引き寄せた。



――何もいらないから、来年も腕の中にいて・・・・




・・・・・・明日の朝「オレをあげる」と言ったら、君は何と言うだろうか・・・・・・?











2006.3.14