LOVE PHANTOM




ジュースを音を立てて飲み干した社は、全部飲み乾して、ふぅ・・・と一息ついた。


「蓮、もういい加減部屋に戻らないの?」


そう声をかけると、視線を一度だけ社の空いたグラスに向けた蓮が「そうですね・・・」と気の無い返事をよこして、再び台本に視線を戻した。


なぜ気の無い返事を返すのかなどというのは、目に見えている。目の前には穏やかな海が、そして“あの子”が、浜辺で相方の彼女とパラソルの下で楽しそうに談笑しながら寝転んでいる。


「気になる?」
「何がです?」


また気の無い返事を一言返して、視線を台本に戻す。一体何本抱えれば気がすむのか…ココのところ頼まれる仕事は一切断らず、睡眠三時間も取れないことなども珍しくない。どこからそのバイタリティが生まれるのか、彼は「仕事」の文字に取り付かれたように働き続けている。


「・・・・ふふふ。心配でしょ?今日は男いっぱいだもんね。」


にやり、と社が目がなくなるまで細めて笑うと、蓮は更に無表情になる。蓮もふぅ、と一つため息をついて、口を開いた。


「また変なのに付回されたとき・・・誰が助けるんです。あの子にはマネージャーはいないんですよ。知名度上がってきたのに・・・。いつでも傍にいられる訳じゃない。もう誰かつけて欲しいものですね。」
「そうだよねぇ。」
「・・・・あの子に「絶対にそこにいて下さいね」と言われたのに・・・先に帰るわけに行かないでしょう。」
「嬉しいんでしょ?」
「・・・・・・・・・・・。」
「他の男なんかに頼んだら「本気」で怒るくせに。」


いつものように自ら最終ラインを踏むと、社はにんまり笑って口を閉じた。怒っているわけではないが、蓮の本音・・・図星を口にして欲しくはないらしい。とにかく大事にしているくせに、どうしてそこまで自らの気持ちを認めないのかが分からない・・・。いつでも傍にいるが、実際付き合っているのかどうなのかも教えてくれない。そして、社ももう無言で視線を海に戻した。


きらきらとキョーコのオレンジ色の髪は紅く夕陽色に変わっている。暑さが少し引いた秋口の海。夕陽はだいぶ傾いてきて、浜辺に残る人間もだいぶ夜の支度のために自室に戻っている。日差し厳禁の瑠璃子など、屋内のプールで水着に長袖と帽子着用で、「あのハイエナ部員が一緒に行こうなんて言うからっ・・・」と嬉しそうに口を尖らせている姿が、何人にも目撃されている。




社長の持つ広大な別荘に、「社内交流」と称して各セクションから多くの人間を招待した。他のセクションの人間を引っ張り出すための「餌」として蓮は否応なく選ばれていた。もちろん社長お気に入りのラブミーセクションは二人とも招待されていて、マリアちゃんも「蓮様監視係」として同様に同行している。


海にも浜にも見渡す限り、芸能人が溢れている。私有地であるから一般人厳禁エリアとはいえ、この豪華で華やかな風景を撮影できるなら、後援したいというCMスポンサーは後を絶たないだろう。その豪華な面子を鶴の一声で揃えられるのはもちろんこの会社の社長。当然仕事で海外にでもいるかよほどの事がない限り、LMEの日曜日に欠席を許さなかった。それはLME社員である以上、たまには芸能人だって誰にも気兼ねせず、心から羽を伸ばすべきだという。流石である。


浜辺から引き上げる際、蓮に声をかけていく同僚や先輩後輩も後を絶たない。互いに多忙を極める芸能人同士。TVでは見かけても、社内や仕事場ですれ違う事は少ない。蓮は声をかけられるたびに、いつもの穏やかで紳士な笑顔で挨拶を返す。それだけでモデルセクションの女の子は「来た甲斐があった」と口を揃える。マリアが傍にいる間は、ラブミー部員以外、誰も蓮に長い間は近寄れない。しかし夜ともなればまだ子供のマリア、当然パーティなどもすぐに退席する。そして、彼女らはあわよくば夜、パーティ後・・・と、目論んでいるだろう。そんな女性陣の色目に気づいているのかいないのか、蓮は無駄に喜ばせて、無駄に期待させる笑顔を振りまいていた。


穏やかな風が吹き抜けて、少しだけふるり・・・、とキョーコが身体を振るわせたのに気づいて、蓮は立ち上がった。


「帰りましょう。呼んできます。」
「・・・・・・」


・・・・分かりやすすぎ、と社は口にしなかった。


「最上さん、帰ろう?もうみんな夜のパーティの支度し始めてるよ。」
「あ、はい。モー子さんっ・・・・帰ろう?」

蓮の声に寝そべっていた体勢から身体を起こして返事をする。二人のうちの相方は、じっと見ていた台本から視線を上げて、鬱陶しそうに一言、「そうね」、と口にした。


「モー子さん、社長・・・・私たちにどんなのを用意してくれたんだろうね?」


もれなくパーティとなる夜の時間用の衣装は、衣装担当の社員を総動員の上、社長が自らセレクトしたらしい。


「そうね。でもあまり期待しないほうがいいんじゃない?どうせペアのドピンクドレスよ。」
「そ、そうかな?やっぱり・・・?」

少しがっかりした表情を見せたものの、「モー子さんとペアならいいや」と、キョーコはにっこりと笑った。


その様子をにこやかに見守っていた蓮は、もう一度キョーコに声をかけた。

「さぁ、戻ろう。」


二度も声をかけられて勢いよく立ち上がったキョーコは、パラソルの骨組に、ごつんっ・・・と派手な音とともに頭をぶつけた。


「・・・・っつぅ・・・・・いったあっ〜〜〜〜・・・。」
「っ・・・」


とっさにキョーコの髪に触れて、ぶつけた所に傷が無いかを確かめた蓮に、奏江はふっ・・・・とほんの少しの笑みを浮かべた。そして互いを労り合う彼らから、奏江が海へ視線を逸らしたのを、社は見逃さなかった。






その夜の贅を尽くしたパーティは、社長の趣味だろう、まるで17世紀のとある国の王宮に紛れ込んだかのようで、キョーコがこの装飾が、このドレスが、この食器が、と奏江に大興奮で語りかけたのは言うまでもない。


蓮はその背の高さですぐに分かるし、周りには、モデル、女優、俳優・・・・。マリアはもう居ない。仲がいいとはいえキャリアの違いからラブミー部の二人が、蓮の周りに自然にできていくキャリア陣の輪に近づけるはずも無い。


社も蓮の当たり障り無い人間付き合いが少しでも改善すれば…と、あえて蓮から離れてキョーコと共にその様子を見守っていた。奏江は、しばらく付き合ったものの、疲れて眠いし美容に悪いからもう寝るわ、と言ってさっさと会場を後にして、既にベッドの中にいるだろう。


そんな様子が続いた少し後。


「キョーコちゃん、あのさ、蓮・・・助けてきてくれない?」
「え?」
「人に捕まりすぎで疲れているみたいだからさ。」


なぜ社さんじゃなく?と、きょとん、とした表情をしたキョーコは、真っ黒なシルク生地に長いスリットの入ったタイトでシンプルな大人びたドレスが与えられ、薄い化粧と髪留めをつけて出席している。


「キョーコちゃんが蓮に「社さんが呼んでます」って言ってくれればすぐに帰ってきてくれるよ。」
「社さんが言いに行けば・・・・。」


そんな飛んで火にいる夏の虫にはなりたくないと、社を恨めしげな目で見つめた。


「いいから、いいから。それでさ、廊下にでも連れ出して一緒に部屋に帰っていいよ、もう。」
「えぇっ・・・・。」


しぶしぶ蓮に近づいて、「敦賀さん・・・」と声をかける。


「どうした?」


蓮はすぐにキョーコに気がついて心配そうに口を開いた。社さんが傍にいるから・・・と、目を放した隙に、好きに楽しんでいる俳優やタレントに何かされたのかと一瞬不安がよぎったからだ。


周りにいたモデル陣すら、蓮の様子が一瞬険しく、そしてその後限りなく優しい雰囲気になった事ぐらいは感じ取っただろう。そして、「なぜ邪魔するのかしら、ラブミー部の子ごときが」と言わんばかりの彼女らのキツイ視線に、続きを言い難そうにしたキョーコを見て取った蓮は、「あっちで話を聞くから」と部屋の外を指差して告げた。


そして、「また今度ね?」と、モデル陣にキラキラした厭味な・・・けれど彼女らには極上の笑顔に見える眼差し・・・を向けると、そっとキョーコの背中を押した。キョーコは、やはり飛んで火にいる・・・になってしまったと、背中に感じるモデル陣のブラック周波と周囲の同様の視線と周波をふつふつと感じつつ、誰もいない廊下に出た。そしてそっと一言、「社さんが呼んでますっ・・・」と口にした。


「それだけ?」
「え、はい。言ってきてって・・・・。ゴメンなさい、楽しそうにしていたのに・・・・。」
「いや・・・・オレが目を離した隙に何かあったのかと思ったから。」
「あっ・・・・・・そういうことではないんです。」


その後だんまり・・・になった蓮は、そのまま「もうココから逃げようよ」と、少しいたずらっぽく笑った。「え、でも社さんが。」とキョーコが口にすると、「いいよ、ホラ、あそこで手を振ってる。」と部屋の隅を指差した。


「え?」
「帰っていいってさ。」
「でも。」
「パーティもっといたい?」
「いえ、モー子さんも帰ってしまったし…敦賀さんが帰るなら、私も帰ります。こういうトコでは敦賀さんが傍に居ないと怖いですし・・・・・あ、私にはマネージャーさんもいないから・・・いつもごめんなさい。」
「マネージャーが付くまでは見ていてあげるけど・・・。」


敦賀さんが傍に居ないと、の言葉に・・・くらり、と蜃気楼の中に溶け込むように蓮の視界は歪む。そんな蜃気楼の中で自らの気持ちも剥いでみたくなった。ただ見つめる事しか出来ないのが辛くて、綺麗に着飾った彼女の肩紐を自ら解いて崩してみたいなと思った。


「海に・・・行こう。今ならきっと誰もいない。一番ゆっくりできるよ・・・。」
「・・・いいですけど・・・このカッコじゃ汚れちゃいます。」
「いいよ。汚したところで誰も何も言わないよ。」
「・・・・はい・・・・。」


昼間の喧騒がウソのような静寂の中真っ暗な闇を広げる海の前で、蓮はただキョーコを傍らにおいて、黙っていた。その闇の海の波打ち際を、遠くの建物の明るすぎるほど明るい光がほんの少しだけぼやり・・・と映し出す。


「敦賀さん、最近お休みできてますか?」
「・・・そうだね、忙しいね。」
「いつもいつも、敦賀さんは「No」を言わないから…。」
「そういう最上さんもだろう?仕事も多くなってきたのに・・・学校の行事にはしっかり参加する、テストは毎回かなりの上位入り、足りない分のの補習だってしっかり出ているだろう?完璧にこなしすぎてまた無理してない?」
「学校は、社長さんがせっかく入れて下さったから。それにあの時敦賀さんが、無理しすぎるなって言ってくれたら…私の今までの気持ちを180度変えてくれたから。学校は楽しいんです。普通の人には当たり前の事でも・・・・。」

ふふ、と優しく笑って蓮を見上げるキョーコに、蓮もつられて笑みが漏れる。

「大学へは、行くの?」
「学校にこだわっている訳ではないんです。」
「君があの時みたいにまた寝る間も惜しんで勉強してしまうのかと想像しただけでね、心配。・・・くすくす。」
「この世界にいたら学歴なんて。本当に、個性と実力と維持する気持ちだけ・・・・。」
「うん・・・。」
「あ・・・・・・・・リフレッシュの為にココに来たのにまた仕事の話しちゃいましたね。ゴメンなさい。」
「いや・・・。」
「仕事も沢山している女優さんやモデルさんなら、同じお仕事の話だって絶対的な引き出しが多いですもんね・・・・きっと、敦賀さんが楽しめるお話、沢山して下さるのに・・・。」
「そんな事ないよ・・・・。」


蓮が海に視線を流したのを見て、キョーコは蓮がつまらなくなったのかと思った。何を話したらいいのか急に分からなくなって、そっとかがんで砂を手にすくい、指の間からさらさらと零してはまたすくい、それを何度も繰り返す。蓮も何も言わない。涼しい夜風が二人の間を通り抜け、蓮は、来ていたジャケットを脱いで、キョーコの背中にかけた。ふわりと蓮の香水の香りがキョーコの鼻先をくすぐり、それが心をも揺さぶる。


「・・・身体、冷えただろう?」
「大丈夫です・・・・。」
「最上さん、リフレッシュできた?」
「はい、もちろん。敦賀さんは?」
「もちろん、オレもね。・・・・社長が一番リフレッシュしているだろうけどね。」
「そうですね、ふふ。」

蓮はキョーコが砂に足を取られて転ばないようにとそっと腕を取り、二人は無言で、暗闇を歩いた。



「敦賀さん。」
「何?」
「敦賀さんが最近仕事しすぎなの、私心配です・・・。少しやせちゃいましたね。今日本当に久しぶりにお会いした時・・・私、驚いて・・・。」



キョーコは自分の顎の辺りを少しだけさすって見せた。しかし、蓮が仕事に没頭しなければならない理由をキョーコは知らない。蓮は仕事に没頭していなければ、夜一人の時間などできたら、今にもキョーコに電話でもかけて、気持ちを告げて、自分のものにして、部屋に連れてしまいそうになる。疲れすぎてそんな事も考える余裕がなくなればいいと、ありとあらゆる仕事をこなしてきたが、仕事をすればするほど、疲れれば疲れるほど・・・・更にふとした瞬間にキョーコの蓮を労る声が思い浮かび、それだけで癒されてしまう。余計に深く、キョーコが刻み込まれていく。



「何でも完璧にこなしてしまうのは敦賀さんのほうで、疲れたところを絶対に見せないから・・・誰も気づかない、敦賀さん自身も見ないフリしてしまうから・・・・心配です。やせた分、栄養のあるもの取らないと・・・・・・・。」

「うん・・・ありがとう・・・君だけがそう言ってくれる・・・・・・。」



するする・・・と支えていたキョーコの腕を、蓮の手が這って、キョーコの細い指先にたどり着く。手を重ね合わせると、反射的に、きゅ・・・・とキョーコが逃げるように指を丸め、追った蓮がそれをふわりと覆った。


夜の闇が全てを覆う時、真実も少しだけ顔を見せる。蓮が仕事で見せる演技と言う名の幻影は、キョーコの中で深く刻み込まれ、そして、ごく限られたプライベートな時間で見せる蓮の穏やかな表情は、キョーコを再び恋の幻影に巻き込んだ。



そっと重ね合わせた肌と肌は、いつまでも互いを労るようにして、傍にいた。誰も邪魔などしない限られた空間に、蓮の指先は、言葉よりも饒舌に、全てを語った。


煌びやかな光もドレスも、何も見え無い。静かな波の音と、自分の心臓の音と、互いのとくりとくりと脈打つ温かな肌の感触が鋭くリアルなモノになっていく。それでもその真っ暗な闇の中では、互いの触れた肌だけが確かにその存在をつなぐモノで、自分の気持ちを示し合う、一番確かな物だっただろう・・・。


「敦賀さんの手は、スゴク安心します・・・。」


キョーコの指先が、ゆっくりと蓮の指先に絡んだ。



夜に現れる恋の幻影は、ゆるやかに愛の幻影をも見せはじめる・・・。



もっと蓮の肌に触れていたいと、キョーコに新たな気持ちがもたげる。そんな自分に驚いて、そして、甘い心臓のうずきに、息がますます苦しくなる。


蓮のもう一方の指先は、蓮が着せたジャケットの間から忍び込んだ。キョーコの身体のラインを這い、肌を捜し出し、触れる。



「・・・ふ・・・ぅっ・・・。」



ジャケットが、肩から滑り落ちた。










不意にほんの少し漏れた吐息は、二人の間に高くそびえていた最後の理性と現実の幻影を突き崩した。







激しく口付けだした蓮の腕は強く、互いに漏れだす吐息と共に、キョーコを確かめるように肌を探り出す。キョーコは被さる重みを支え、一歩下がると岩肌に触れた。蓮はキョーコの腕を弱く岩肌に押さえつけて、更に激しさを増す指先と唇と共に、激しい自分の気持ちを口にした。


徐々にずるずるずる・・・・とその岩肌を伝うようにキョーコは砂浜に座り込んだ。ドレスの裾など夜の闇に溶けて見えない。



――明日の朝になったら、私も、私の気持ちも、敦賀さんの気持ちも・・・・全てが泡となって消えてしまうのかしら・・・・?




「敦賀さん・・・・・。」





キョーコは幻影などではなく、その絶対的存在を確かめるように名前を口に出し、そして蓮の腕にすりすりすり・・・と頬をすり寄せた。




たとえ泡となって消えようと、たった一夜のコトだとしても、蓮の見せる一瞬の恋の幻影だったとしても・・・・・・その絶対的存在と、今そこにある確かな肌の温かさと、そして、蓮の狂おしいほどの唇が愛おしい・・・・。






キョーコの身体を抱えて支えるように、蓮が砂浜に座る。
キョーコは蓮の胸にそっとほほをうずめる。
それを蓮が後ろから柔らかく抱きしめて、耳元で睦言を囁く。







恋の幻影は、まるで照らし出す丸い月のように、丸く柔らかい光を放ちだした。











2006.10.05

新サイト50,000Hit Thanks SS として。



このタイトルだけに、少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。