煌々、煌々・・・・。

君の中の温かいそれがこぼれていく。

君のとても純粋で綺麗なそれを、どうかもう少しだけ分けて・・・。


煌めく人 


「ぽけっとの中にはビスケットがひとつ〜・・・」

彼女は、オレが聞いた事が無い歌を歌いながら休憩中のオレに向かってにこりと笑った。

「はい、敦賀さんっ。差し入れ、まだ取ってないですよね?」
「うん?ありがとう。」

サーバーから取ったコーヒーとその差し入れだというビスケット缶を傾けてくれた。一枚だけ取って、ありがとう、と伝えた。

「はい、社さんもっ。」
「ん?ありがとっ。キョーコちゃん、お菓子係なの?気が利くね。」
「いえっ、たまたま手が空いているだけですから。皆さんすごくお疲れのご様子ですし。はい、社さんもコーヒー。」
「キョーコちゃん、そのサービス精神本当にえらいよね。ありがとっ。」

社さんと最上さんはにこにこしながら会話を続け、ビスケットを二人でつまんでいた。

しばらく話を続けていて、少しぼんやりしていたオレの頭の上から声が降ってきた。

「敦賀さん、少しお疲れ気味ですね。やっぱり撮影詰まってますから・・・。もう一枚ぐらい食べて、脳に糖分だけでも送った方がいいですよ?ちゃんと、ご飯食べてます?」
「ん?うん。」
「社さんに、真実聞いてもいいですか?」
「ど、どうぞ・・・?」

妙に厳しい顔でにじり寄られて、特にやましい訳では無いのに、引いてしまう。

「社さん?」
「えっ・・・だ、大丈夫だと思うよっ・・・?」

彼女は、本当に?と、訝しげな顔を続けつつ、もう一枚食べろと、缶を傾けてきた。

「ふふ、大丈夫だよ。一枚で十分。」
「そうですか。じゃあ食べたくなった時はさっきの歌でも歌って、それを二枚にしてから食べてくださいね。」
「歌?」
「ぽけっとのなかにはビスケットが一つってやつ、知りません?」
「知らない・・・・けど。」
「叩くとビスケットが二つになる、そんなポケットが欲しいなって歌です。」
「ふーん・・・・。」
「言っておきますけど。私が考えたのではなく!歌ですからね?あくまで。またバカにしているでしょう?」
「いやいや。じゃあ叩いて二つにしてから、食べる事にするよ・・・くすくす。」

「もう敦賀さんにはビスケット、分けてあげません!」、と言って一度口を尖らせると、向こうの集団までまた歌を歌いながら行ってしまった。

何の歌か知らないけれど・・・・彼女が妙にご機嫌だと言う事は分かった。
こんなに機嫌のいい彼女をあまり見た事が無いから、不思議ではあるけれど・・・。

「蓮〜〜〜〜〜。」
「はい?」
「ね、キョーコちゃんさ、ホントご機嫌だよね。やっぱりさぁ蓮と撮影久々だからだよっ。あのドラマ以来でしょ。」
「?」
「あぁキョーコちゃんがね、蓮のこと・・・体調やらご飯やら気にしたりしてくれるだけでも、良かったなって思って。最初の頃からしたらさっ、雲泥の差だよね。」
「・・・・・・・・・・・・・。」
「久しぶりに長く一緒にいられて、よかったね。」
「・・・・・・・・・・・・。」

何も言わなければ無言の肯定になると、昔最上さんに言った事を思い出していたけれど・・・何も答えなかった。

そして、そのビスケットを・・・とりあえず、二つに割って食べてみたけど。
何となく彼女の歌に影響されたのかどうか、自分でもそうしてしまった事が可笑しくて、くすくすと笑みが漏れてしまう。

「敦賀さん・・・・やっぱりビスケット・・・足りなかったですか・・?」

もうあげないと行ってしまった彼女がもう一度こちらに寄って、気を遣って缶を傾けてくれたけど・・・。

「おや、分けてくれるの?」

とまたくすくす笑って言ったら、

「・・・・・・じゃああげませんっ。半分に割っていたから・・・実は食べたかったのかと思って!」

また口を尖らせた。
でも・・・しばらくしオレがくすくす笑い続けていたら、一枚取って、渡してくれた。

「もう、欲しいなら欲しいって言ってください。ビスケットは半分に割ったって一枚なんですからっ。」


――なんだかんだ言いながらも・・・・優しいよねぇ・・・最上さん・・・。
――悪にはなりきれないタイプだよ、絶対・・・。


そんな考えが頭をよぎって、また笑ってしまい、そして更に膨れられた。

「もう、もう敦賀さんにはあげませんっ。社さん、あっちで仲良くつまみましょう!!」
「う、うん・・・?」

社さんがちらりとオレを伺って、「行ってくるね?」と目がそう言っていた。
オレはまたくすくすと苦笑して、ひらひらと手を振った。

彼女は社さんと並んでまた歌を歌って、サーバーのある方へ歩いて行ってしまった。


それから・・・・彼女を送り届けた別れ際、彼女は袋に詰めてくれたビスケットを、オレに「どうぞ。」と言って渡してくれた。・・・口を尖らせながら詰めてくれただろう様子が思い浮かんで、また笑ってしまって怒らせた。

「もう!ちゃんとご飯食べてくださいね?食欲無い時はクッキーにミルクだけでもいいですからっ。絶対空腹にブラックコーヒーなんて・・・胃に悪いですから。入れないで下さいね。」
「何だかんだ言いつつ、さっきから優しいよね。」
「敦賀さんが、ご自分の事は大事にされないのが心配なだけです。」
「ふふ、そうかな。」
「そうですよっ。でも・・・・もしまた、辛くなったら・・・・言って下さいね?」

本当に心配してくれているのだろう・・・ちらりと上目遣いでオレの反応を伺っていた。

「くすくす・・・・ありがとう。」

それだけ答えて彼女の肩を押して、止まってしまった歩を進めた。

「『叩いてみるたびビスケットは増える そんなふしぎなぽけっとがほしい』・・・・小さい時本当にあるんだと思ってぽけっとで叩いて・・・みた事、ありませんか?」
「な、ないよ・・・。」
「ええっ・・・・敦賀さんて・・・子供心はなかったんですかっ?」
「ははっ、ひどいな。でもそれは最上さんの実体験だろ?オレ、歌知らないって、言ったでしょ?」
「そうでした・・・・。」
「くすくす・・・。」

きっと・・・あの無邪気な顔で、にこにこしながら・・・叩いたんだろう。
そして崩れたビスケットに・・・残念そうな顔をしたんだろうな・・・。

だからオレにももう一枚、分けてくれたのだろうか?

考え事をしている間に、彼女はまた傍から居なくなっていた。

気付くと前方でスキップをしながらまたあの歌を口ずさんでいて、遠くからオレの名前を呼び、笑顔で振り返る彼女は本当に純粋そのものに見えた。

何がその煌々としたあの子を作っているのだろう・・・。

そしてその煌々とした光にもう少しだけ、触れてみたくなった。

「最上さん。」
「はいっ?」
「君を叩いたら、二人にならない?」
「えぇっ、なりませんよっ。私ビスケットじゃないんですからっ。」
「そう?」

ぽんぽんと、笑って叩くと、彼女はまた不思議そうな顔をして、

「どうしたんですか?敦賀さん・・・・?」

と目を見開いた。

「いや、君が二人になったら・・・一人をオレのお料理当番にしてもらおうと思って。」
「・・・・・敦賀さん、やっぱりちゃんと食べてないんですねっ・・・?」
「い、いや・・・違うって・・・そうじゃなくって・・・。」
「もう、そんな事なら言って下さいっ。今度作り溜めしてあげますからっ。」
「・・・・・ありがと。楽しみにしておくよ。」
「じゃあ今度のオフにでも行きますねっ?」

彼女のご機嫌で煌々した顔はとても綺麗だった。

そしてまたあの歌を歌って、あっちの方へ行ってしまった。



君のその純粋さがもう二度と傷つかないといいなと願って、オレも足早に彼女の後を追った。


煌々、煌々・・・・。




















2005.11.15