猫視点パラレルでもOKならどうぞv猫はオリキャラです。もちろん・・・(^^;
長編ネコネタより引っ張ってます。




















愛しい人よGood Night・・・





本当にお久しぶりだね。元気だった?
僕は猫のアリー。蓮のお家の猫だよ。


蓮とキョーコちゃんがね、今日は仲が微妙だよっ・・・(;-;)。
そんな時蓮は、むっ・・・ってして、ぷいっとそっぽ向いちゃう。こんな蓮、僕キョーコちゃんが来る前は見た事が無かったよ〜。


そんな時は僕の出番。まずはキョーコちゃんに擦り寄る。キョーコちゃんは僕を抱えて、「蓮のばかぁっ・・・」ってキメ台詞を言って、部屋を出ちゃう。

それでね、僕を抱えながら蓮への気持ちをいっぱい僕に言うよ。

「アリー・・・・・・・だって、だってぇ・・・蓮てばね、ひどいのっ・・・。」
「ナァァァウ・・・?」
「あのね・・・・実はね、蓮の・・・・赤ちゃん・・・出来たの。」
「ミャッ・・・・・????」


にゃに〜〜〜〜〜〜!!すごいねっ!!
・・・・でもなんで喧嘩するの・・・?


「でね、すっごく喜んでくれたのにっ・・・・。私が男の子がいいって言ったら、女の子がいいって。」
「ナァ。」
「でね、大きくなったら蓮みたくモデルか俳優になれるねって言ったらね、絶対にさせないって。」
「でね、名前をね・・・・・・」

キョーコちゃんと蓮の意見は全然違うみたい。
キョーコちゃんは蓮とうまくお話がかみ合わなくて拗ねちゃったんだね。

「ナァァァ〜〜〜〜」

ぺろり、とキョーコちゃんの手を舐めて、大丈夫だよって言ってみた。
だってお互いに好きすぎて、きっとちょっと見えなくなってるだけだよ。

それと・・・赤ちゃん。きっとすっごく可愛いよね!僕も蓮とおんなじで、女の子がいいなぁ・・・・vだって、キョーコちゃんみたいのがもう一匹出てくるんでしょ?僕、すっごく可愛がっちゃう。一日中面倒見ちゃうよ!!


――トントン・・・


あ、きたっ。仲直りの音だっ・・・・。
蓮はキョーコちゃんが大好きだから、いつも拗ねたキョーコちゃんをお迎えに来るよ。

「キョーコちゃん。」

蓮が苦笑いで入ってきたよ。キョーコちゃんはぷいってして、僕を抱えた。こーいう時のキョーコちゃんもね、僕はすき。だって、可愛いもん。本当は蓮と仲良くしたいのに、キョーコちゃん素直にごめんねって言えないんだよ?なんか子供みたいで可愛いでしょ?もうお母さんになるのにね。面白いよねっ。


「ホラ、機嫌直して。」
「もうっ・・・・蓮っ・・・!!」

ぎゅって僕ごと抱えて、蓮は僕を一度撫でてくれた。
僕がキョーコちゃんの慰め役って分かってるのかな?えらいでしょ?僕。
で、すっと、キョーコちゃんのお腹の辺りをさすってあげてた。

「オレらが仲良くしてあげないと赤ちゃん、お腹の中で泣くよ?」
「・・・うん。」
「くすくす・・・赤ちゃんには素直だよね。」
「・・・・だって。赤ちゃんが出来たらね、絶対に可愛がってあげるって・・・誓ってたんだもの。」
「・・・・・・うん。」


・・・・・・・・・僕の役目はここまで。僕はえらいからね、気を利かせてあげてね、もう自分の寝床へかえるの。だって・・・あとは僕は必要ないぐらい仲良しだもん。

もしかして、すっごく仲良くしたいから・・・喧嘩ってするのかな?そーかもしれないっ。だって、二人のケンカはね、いっつも大好きすぎて、でもちょっとだけお話が合わなくて、拗ねてるだけなんだもん。


僕、天才かもっ。



******


「ナァァァ・・・」

ぺろぺろ・・・と赤ちゃんの顔を舐めてあげる。
そうするとね、「きゃっ」って喜ぶんだよ!
もうね、すっごく可愛いっ・・・・!!!

蓮とキョーコちゃんの赤ちゃんはね、すっごい可愛いの!
目はね、蓮みたい。口はキョーコちゃんみたい。
・・・・・・・でね。蓮のお願いが叶ったよ。女の子だったんだよ〜。ふにふにのほっぺたが可愛くて、大きさは僕とおんなじぐらい。毎日一緒に添い寝してあげるんだよ!!そうすると、蓮もキョーコちゃんもすっごく喜んでくれる。


だけど・・・赤ちゃんね、力いっぱい僕をたたくんだよっ・・・・(;△;)。怒っちゃダメだよって蓮に言われなくても、可愛いから怒らないけどねっ。赤ちゃんのお礼なんだって。でもっ・・・力いっぱいたたかれるのはちょっと痛いよー・・・・。僕をオモチャだと思っているのかな?僕は立派なネコだよ!!でもね。そのあとキョーコちゃんと赤ちゃんが一緒に撫でてくれるけどねっ♪



それからね。男の子が欲しかったキョーコちゃんへ。がっかりしないでね?僕がいるもん。僕も赤ちゃんに大好きなキョーコちゃんのひざの上は取られちゃったけど、その代わり蓮が僕を撫でて構ってくれるし、キョーコちゃんは変わらず可愛いし、赤ちゃんは僕の妹。僕もね、妹いるよっ。だけど、ずっと一緒にいられなかったから、今度はいっぱい可愛がってあげるの。



赤ちゃんと僕はおんなじご飯なんだよ。ご飯をくれる時は、僕も、赤ちゃんもふにゃふにゃご飯。

「アリーはちゃんと食べてるから、一緒にちゃんと食べようね?」って・・・キョーコちゃんは言ってくれるよっ♪







ぺろぺろって・・・赤ちゃんのほっぺについたご飯を舐めてあげたら・・・・蓮がなんだか分かんないけど、むってしたよ・・・・???なんで?


「ナァァァ・・・・??」
「・・・・ふふっ・・・」
「もう、蓮って呼ぶのはダメだよっ、赤ちゃんがオレのことを・・・「蓮」って覚えたら困る。」
「・・・・・・じゃあ、お父さんかパパ・・・・?なんか・・・今まで一度も呼んだ事が無いからね、スゴク照れるっ・・・///。」
「くすくす・・・赤ちゃんがいないトコだったら、名前でいいよ?」
「///・・・・。」


ん〜・・・なんでパパって呼ぶのが照れるのか分からないけど、また仲良しモードに入っちゃったから・・・・僕は退散。

赤ちゃんはすぅすぅ寝てる。僕よりも寝るよ。そんなに寝て飽きないかな?起きると、僕よりも大きな声で泣くんだけどね。泣き虫さんだよ〜。



*********



「蓮、蓮っ・・・・・・・聞いて聞いてっ!!!」
「こら、蓮はダメだって・・・」
「ホラ、ホラッ・・・・・!!!」


キョーコちゃんが、赤ちゃんを僕に近づけるとね、なんと。

「アィー・・・アィー・・・」

って言うんだよ〜〜〜〜!!!今日僕初めて名前呼んでもらったの!!
か、可愛いっ・・・・。

「ナァァァァ〜〜〜!!!!」
「ね?アリーも呼ばれてるって、分かってるみたいっ!!」
「・・・・・・・・・・・・。」
「蓮?」
「・・・・・・「蓮」はダメだよっ。」

キョーコちゃんが僕を撫でて、「蓮てばアリーにやきもち焼いてるのよ?」って言った。やきもち・・・・て何?美味しいの?


「蓮、「蓮」か「パパ」よりも先に「アリー」が覚えられたのが・・・悔しいんでしょ?」
「そんな事ないよ?」
「くすくす、その笑顔が私に通じると思ってるの?」
「・・・・・・・。」

あっ・・・・・・・キョーコちゃんっ・・・・・蓮のオーラがっ・・・・・。


「オレはあっちで台本覚えてるよ。」
「蓮・・・?」

ぼ、僕のせいじゃないよっ・・・・?だって名前を先に覚えられたのなんて・・・僕のせい???でもさ・・・こんな時は僕は蓮を慰めてあげるべき?それともキョーコちゃんの傍にいるべきっ・・・?

「・・・・・・・ふぇっ・・・あぁぁっぁぁぁぁぁんっ・・・・。」
「やだっ・・・よしよしっ・・・泣かないの〜〜〜。」
「ナァァァ・・・・。」

蓮がいなくなっちゃったら、赤ちゃんが急に泣き出しちゃった・・・。僕ね、赤ちゃんの言葉も少し分かるよ。やっぱり仲良しな二人がいいって言ってるんだよ〜〜〜!!!喧嘩は仲良しの印なんだけど、でも赤ちゃんには分からないよね?しばらくして疲れて、あかちゃんは寝ちゃったけど・・・・。


立ち上がったキョーコちゃんのあとをついて歩いて行ったら、赤ちゃんをちっちゃなベッドにおいてすぐに、蓮の傍に行ったよ?

「・・・・・・蓮?拗ねたの?」
「いや?」
「今はもう、蓮って呼んでいいよね。」
「うん。」
「あの子が、蓮みたくね、丈夫におっきくなってくれたらそれでいい。」
「そうだね・・・。だけど絶対に芸能界には入れないよ?」
「ふふ・・・いつまでもパパが一番大好きって言ってて欲しいんでしょ?変な虫・・・追い払うの、芸能界ならなお更大変だものね。」
「・・・・・・娘なんて・・・・心配でしょうがない。次は君が言うとおり男の子がいいよね。」
「・・・・うん・・・・。」


にゃう。仲良しになったみたい♪
だからね、今日の僕の出番ももう終わりみたい。
二人がまたお話がかみ合わなくなったらいつでも僕を呼んでね。
いつでも助けに行ってあげるよ!!



「アリーおいで。今日は一緒に寝よう?」



キョーコちゃん・・・・・・・・・・・・・・vvv



たまには、いいよね?赤ちゃんの特等席、貰っても・・・・♪
いつかみんなで一緒に寝たいよね。


じゃ、久しぶりにキョーコちゃんとぬくぬくしてこよっと。



あ、待って〜!!
僕も二人についていって、赤ちゃんにもおやすみなさいするー。
じゃーね、またね。おやすみなさいっ。











2006.06.02

Special Thanks & Congraatulations to 花明りさまv
旧サイト2万キリリクとして捧げます。


えー・・・本当にお待たせしました。半年近く待ってもらって出来たのが私も中身もWで親ばかネタ・・・^^;。出来れば直接お渡ししたくて玉砕(涙)。でもなんとか出来上がりました。


リクエストは、Differenceの2をというのと、アリーを出してと、番外編の続きで赤ちゃん♪でした。もちょっと付け加えるかもだけど、載せちゃうです。

にしても・・・ウチじゃ絶対使わないと思っていた背景が使えたので非常に嬉しい(笑)。自分でも思うけど、前作(イカせておくれ)とのギャップが激しすぎるよね(笑)。こんなのも好きですv親ばかでいいの(^^*。

さてさて。二度ある事は三度ある。またゼヒキリ踏んでくださいね〜(笑)vこれからもどうぞよろしくお願いしますv