恋の底辺を彷徨う3人が交差するある日の夕べ。






今では・・・今なら・・・今も・・・





「次は不破尚さんです。今回も第一位おめでとうございます。」

テレビがそう話すのを、キョーコはひどく無感情で眺めていた。まるで昔の自分を見るような女の奇声が上がり、ふぅ、と一つ息をつく。

その声のする方向にちらり、と視線を流し、軽く微笑んで見せた不破尚は、司会者に身体を向けるとさも当たり前のように軽く会釈を返す。今回の曲のイメージやレコーディング風景などの裏話を話す不破尚は、時折足を組み替えている。

「今回の歌詞はどういうイメージなんでしょうか?」
「そうですね・・・敢えて言うなら、どこか懐かしい思い出、でしょうか。」
「懐かしい思い出・・・?恋愛の曲ですよね。過去の不破さんの実話だったり?」
「恋愛という括りだけには括ってないですけど、まぁ・・・懐かしい場所、のイメージですね。」
「そうなんですか?」
「ホラ、あるじゃないですか・・・思い出すとどこか、和んでしまってふと笑みが出るってこと・・・。そんなのを拾い集めたら、こんなタイトルと歌詞になっていました。」
「そういえば京都ご出身でしたね。」

司会者はにこやかに頷きながら、視線をカメラの向こうのボードにちらりと移し、そして歌の準備を促した。ゆったりと立ち上がって軽く全体に会釈をした彼は、画面から消えた。


――「Kyoto」

――珍しいわね・・・いつももっとイメージ重視な歌詞を書くのに・・・実体験を書くなんて・・・。


不破尚が歌った歌は、ゆったりと見覚えのある風景を歌っている。「Kyoto」と名づけられた歌。懐かしい、どの風景を歌っているのか、すぐに目の前に浮かぶ。つないだ手を離さずにいられた、懐かしい、懐かしい心の中の風景・・・・・・・・。歌詞に出てきた言葉は、正直な尚の思い出だというのはすぐにわかる。ただし、不破尚がどんな意味をこめたのかまでは汲み取れず、キョーコの考察はそこまで止まりだったが・・・・。



――『昔からそのコトバがオレを強くしてくれた』



「・・・・・女将さんの事かしら・・・?」
「キョーコちゃん、お夕飯できたよ。」

だるまやの女将が部屋の入り口から声を掛ける。キョーコはビクリ、と大きく身体を震わせて、声のした方に返事をした。

「すみませんっ!!全然お手伝いもしないでっ!!!」
「いや、いいんだよ。それにしても珍しいじゃないの。キョーコちゃんが我を忘れてテレビに見入るなんて。やっぱり部屋にポスター貼るぐらい、好きなんだろう?えっと・・・なんだっけ・・・その彼。・・・・あぁ、そうそう、不破・・・・。」
「尚、です。」
「そうそう、それそれ。何だかそのポスターの頃に比べると随分と男らしくなって・・・キョーコちゃんと同じくらいの歳だろう?若い子の成長は早いねぇ。」
「はぁ・・・・。」

キョーコが生ぬるい返事を返すと、女将は一瞬不思議そうな顔をしたのち、「冷めるから」と言って促した。手を合わせている間に、女将が居間のTVを付ける。

「いただきま〜・・・」

す・・・と言いながら、目はまたテレビから動かなくなった。静かな食事が進む中、キョーコはテレビから目を離さない。

「おや、この子も随分といい男だよねぇ。キョーコちゃんと同じ事務所なんだろう?会った事あるかい?」

女将がそう言う彼はもちろん敦賀蓮。キョーコは、首を縦に動かした後、テレビに映る彼に再び見入る。

「・・・・・・・・さっさと食え。」

だるまやの大将が一言だけ口を挟む。

「やだよ〜。もしかして普段私たちが芸能人の話なんてしないからって不機嫌にならなくったって。・・・ねぇ?女なんだからいい男の話ぐらいしたっていいじゃないか。さっきの不破尚だって敦賀蓮だってどっちもいい男なんだから。だろう?キョーコちゃん。」
「はぁ・・・。」

再度キョーコは生ぬるい返事をした。今見入っていた理由は、先程見入っていた理由とは少々違う。単に蓮の演じている映画、その技術を盗もうと躍起になっていただけである。不破尚の時にしても、敦賀蓮の時にしても、いい男がどうした、などという比較は一切していない。

「にしてもさ・・・この相手の女優さん、いいよねぇ。相手が敦賀蓮ってだけでも仕事、はかどるんだろうねぇ。」
「・・・・・・・・・・・。」
「最近多いじゃないか。『共演して以来交際して結婚しました』っていうカップル。」
「はぁ・・・。」
「キョーコちゃんもそうなるかもしれないし。」

そう言うと、だるまやの大将がお茶を音を立てて啜り、会話を邪魔する。
キョーコも、けらけらけら・・・と笑った。

「いやですよぅ。そんな事あるはず無いじゃないですか。仕事ですから。」
「そうかい?でもほら人間どんな巡り会わせがあるか分からないだろう?一年後、この彼と彼女が付き合っています、なんて報道があるかもしれないし。」
「・・・・・・・・・・・。」

キョーコは知ってしまっているから、敦賀蓮に関して「それ」はない、と心で否定しながら、この女優は確実に彼に「恋の幻想」を抱くだろう、と心の中で推測する。そして、「それはない」と否定しながら、どこかでそれに安心している自分にも気づく。そして、いつか自分が共演する事があった時、もし何かの感情にとり付かれたとしても、幻想だと言い聞かせられる安心感も、同時に持ち合わせていた。


蓮がその相手役の彼女を引き寄せる。
身体を強く抱き締める、見つめる。
相手役の潤んだ瞳と震える唇がアップで映る。
影が、重なる。

「おや・・・まぁ・・・///。」

女将が照れ隠しに声を上げる。
キョーコは、テレビから目をそらし、箸を見つめた。

「・・・・・食え。冷める。」
「は、はいっ・・・・・・。」

相変わらず厳しい表情を続ける大将は、再度茶を啜ると、先に席を立った。

「明日の仕込みをしてくる。」
「はいよ〜。」

テレビでは、泣く彼女が蓮を強く抱き締め、支え抱き締めあっている。
このドラマも佳境。もうすぐ終わるだろう。
そして、この女優の幻想も、もうすぐ終わる。
この女優の恋も、もうすぐ終わる。

――相変わらず可哀想・・・・・。

相手女優に半分同情しながら、こんなに辛いならもう恋なんて二度としないと誓ったキョーコのかつての過去もほんの少しだけ思い出されて、心が鈍く痛んだ。


「あの人、こういう甘〜いドラマは苦手なんだよ。どう反応したらいいのか分からないみたい。気にしないでよ、キョーコちゃん。」
「は、はいっ。気にしていません。」
「こんなにいい男とこんなに可愛い子がこんな風に抱き締めあったら、互いに夢見てしまうんだろうねぇ・・・。共演して結婚したカップル、結構別れるじゃないか。キョーコちゃんも、芸能人なんだから、気をつけなきゃいけないよ。」
「だからイヤですよ〜〜〜結婚なんて〜〜〜〜。」


ドラマが終わり、女将がテレビのチャンネルを無作為に移動させる。

「おや不破尚、まだ出ているよ、キョーコちゃん。番組、こっちにしておいてあげればよかったね。」
「いえ・・・・・・・。」


――アイツも何だかんだ頑張っているし・・・

――そして敦賀さんも・・・・


「おい。」
「ハイっ???」
「部屋で電話が鳴っている。」
「はーいっ。」
「おやキョーコちゃん。「そういう」事だったりしたら先に言っておいてよ。くれぐれも明日、「結婚します」、なんて言わないでおくれよ?この人が倒れると困るから。徐々に慣らしてくれないとさっ。」
「いえ、だから、あの・・・」
「早く行け。片づけはしておく。」
「すみませんっ・・・お片づけもしないで。」

バタバタバタ、と階段を昇り電話に出る。

「もしもし。」
「こんばんは、オレだけど。」
「あ、こんばんは・・・。別の部屋で夕飯を食べていましたから携帯が無くて・・・遅くなってしまってゴメンなさい・・・・。どうしたんでしょうか。」
「なんだか、声が冴えないけど・・・。」
「そ、そんな事はっ。」
「・・・・・・・。」
「?」
「元気ないね。どうした?」
「そ、そんな事はっ。」

キョーコは、蓮が何の為に電話してきているのか分からないまま、ただ自分の事を心配してくれる事に何とも申し訳ない気がする。


「何に悩んでいるか分からないけど・・・大丈夫だよ。きっとね、解決する。」
「・・・・・・はい。」



――幻想に巻き込まれるのは、次は私・・・・・・・・?

――でも・・・・・。


――『昔からそのコトバが、ワタシを強くしてくれた』


蓮のコトバはいつもキョーコを強くする。
壊れてしまいそうな何かをそっと救ってくれる。
欠けた心の欠片の一つ一つをいつも拾ってくれるのは蓮だろう。そしていつかまた、その心の欠片が集まった時、前と同じには戻らないけれども、新たに開けるだろう世界は、一体どんなものだろう。


小さな頃、京都の外れ、林を抜けた川辺で見た、魔法。
芸能界の強い光の下で見る、魔法。
恋の魔法。
そして、蓮が今かけた新たなコトバの魔法は、キョーコの心を更に強くする。


しばらくたわいも無い話を続けた後、特に用事があるのだか無いのだか分からない電話も終わりに近づいた。


「元気、出た?」
「はいっ・・・もちろん。」
「うん。じゃあね、ゆっくりお休み。」
「おやすみなさい。」


電話を切った瞬間、心が軽くなっているのに気付いたキョーコは、ドキリ、とした。


――共演なんてしなくたって、幻影に巻き込まれるのね。

――気をつけなくっちゃ・・・・。



尚・蓮・キョーコ。
3人の心の奥に固く封印されている恋の魔法。
全員のそれが表に解けて出てくるのは、もう少しだけ先のこと・・・・・・。







2007.08.24


久しぶりの更新なのに何のラヴもありませんでした・・・(しーん)・・・。