君の瞳の中に、永遠を見た。






Everlasting






二人の重力に沈んだベッドの上。
腕の中に抱きいれて額をあわせる。



そっと微笑む彼女は、いつも通り。



「目を・・・閉じて、キョーコちゃん・・・」

「やですっ・・・・ふふっ・・・・」


そうして拒むのも、いつも通り。


「蓮の目にね・・・鏡みたいに私だけが写ってるの・・・・」

「キスを・・・したいんだけどな。」

「もっと・・・見ていたいのに・・・。」


彼女の鼻の頭に自分のそれをすりすりすり・・・・とすり寄せて、オレは先に目を閉じる。彼女の、ふっ・・・ともらしたちいさな吐息が唇にかかったらそれが合図。


“しょうがないわね”、という彼女の優しい吐息とOK。


オレはもう一度目を開いて、彼女の柔らかい唇に自分の唇を這わせる。
触れては離して、何度も彼女を確かめる。



互いに多忙な日々の中の、短くも甘いひと時。
そこで互いに確かめ合う。
額をあわせたまま、様々な話をする。
この時間の中に、オレの全てが凝縮されている。
この子と自分を確かめる大事な時間・・・・。


しばらくお互いにそれを何度も繰り返して・・・また額をあわせて鼻の頭をすり寄せて・・・・甘い吐息を漏らす彼女の声が聴きたくて、柔肌に指で触れて・・・そっとなぞった。


「薄目・・・なんて、どこで覚えてきたのかな?この子は・・・。」
「蓮が・・・どんな顔して私を見ているのか・・・見ていたい。」
「ふ・・・・やればやるほど・・・・。いや・・・。今夜は・・・その瞳を閉じさせたいよね。」


彼女の大きな瞳はまっすぐにオレを好きだと語り、その中にオレの瞳だけが写る。

彼女がしたように・・・・その目の奥を覗き込んでいるだけで、抱えている身体は熱く火照り、混ざる鼓動は早くなっている。


「ドキドキ・・・・してるね?」
「うん・・・・・・。」


今度先に薄く目を伏せたのは彼女。
薄紅色に染まった頬と、再度無意識に漏らした、優しい吐息のサイン。
そうして素でオレを試して誘って・・・なのにまるで初めてのように恥らう。
全て無意識なのがどうしようもない。



指先を絡めて、伏せたまぶたにそっと口付けを落とした。



「やっぱり今夜はそのまま薄目にしておいで・・・。」



もう何も言わせないように唇を塞いで、どこまでも柔らかい小さな舌をゆるり・・・と絡め合わせた。





オレは目を閉じない・・・・・。





彼女は、ついに、無意識に、目を、閉じた。





「んぅ・・・・蓮の目・・・はっ・・・・今でも私に恋してる・・・・?」
「ふ・・・可愛い・・・。君の目は・・・今でもオレに恋をしてる目だね・・・。」
「ずるいっ・・・・ふっ・・・ぁ・・・・やっぱり私ばっかりすき・・・でっ・・・・。」
「分かってないな・・・・・薄目にしておいでって・・・言ったのにね・・・?」





君にどうしようもなくやられている・・・・・オレの目を、見て。




彼女にきつい熱を刻み残しながら、柔らかい唇に触れて。
そんな伝言を、直接、唇に、した。



彼女の返答は・・・反射的にちぅとオレの唇を吸って・・・強く握り返された指と、ぎゅっと・・・・強く閉じた瞳だった。







「やっぱり見られなかった・・・。」
「ふ・・・オレはずっと・・・見てた・・・。」
「ぅ・・・。」
「大丈夫・・・すごく可愛かったよ・・・?」
「・・・・・・・。」
「リベンジはいつでも待ってるから・・・・・。」
「・・・・ふふ・・・次回は負けません・・・。」



再び薄く伏せた瞳の中にオレを写してみようと、額をあわせて鼻をすり寄せる。



いつまでも変わらない、君の繰り返す優しい吐息。




君のその大きくて丸い瞳の中に、繰り返し写す瞳は、もうオレだけにして。

そして、ずっとオレに可愛く負け続けていて・・・。







2006.07.06 背景変更2(笑)。

「恋心」同様、セットで背景変えました。蓮Ver.ということで、青!
色変えただけで、全然雰囲気違いますね〜!
文なんて斜め読みで、らぶらぶな雰囲気が伝わればいいので、絵を堪能しちゃって下さい・・・・vv






2006.07.01


Conglatulations to mai さまv


1万Hitのキリリクとして。
リクエストいただきましてありがとうございましたvv


リクは「未来の二人」でした。
どれぐらい未来かは・・・付きって少ししてからにしてみました。
如何でしょう、お答えできたかな・・・???(苦笑)。
自分で言うのもアレですが・・・ウチの中ではトップ並に甘くしてみたつもりです(^^;)。


ではでは、リクエストありがとうございました!!
これからもどうぞよろしくお願いしますv