バラの融点五



「・・・・・・」


キョーコは、ある会議室の端で、至極不機嫌に座っていた。なぜなら。隣には『敦賀蓮』。自分は、シンデレラガールとして、「Under The Rose」の映画化の主人公として座っている。


「敦賀蓮、初の日本での俳優業、それに合わせて無名の新人の抜擢。全ては作家であり脚本家の久遠先生のご指定だそうだ。いやあ君はツイているねえ。先生様様だ!」


数日前、椹にそう告げられ、大きく目を見張ったのは当然だろう。先日蓮が『大詰め』と言って書いていたのは、映画用の脚本だったらしい。出来上がった原稿を取りに行った時に、詳細を教えてもらった。映画化を素直に喜んだ自分がバカみたいな気がしてくる。彼は自分で自分主演の映画の話を書き、相手をキョーコにして話を作っていたから、自分を監察するために毎日のように呼んだのだと思った。


当然現場では「はじめまして、京子です、よろしくお願いします」。
蓮も全く知らないかのように、「よろしくね」、と他人行儀にそう言った。



その日、時間を聞いて蓮の家に行くと、蓮は怒った顔をしていたキョーコを苦笑いで受け入れた。


「ね?すぐに映画出られただろう?」
「そんなの嬉しくありません!コネとか・・・偶然とかみたいでっ・・・私の実力ではありません」
「いや、君の資料はもちろん読んだし、出ていたプロモーションビデオの映像も見たよ?だから社長を通じて呼んでもらったんだ」
「・・・・・・」

キョーコは台本の一部分を見ながら、やや照れて赤面した。


「・・・・・大詰めだった日、私が横にいて・・・・こんなシーン書いていたんですか・・・・?」


当然恋愛を含めたシーンがある。初の映画でそんな・・・と思う。知った人間とそんな事をするなんて。


「原作は小説だから。本の中にも入っていたし、それを映画撮影用に直しただけってこと。演じるなら恥じらいは捨てないとね?」


蓮は立ち上がると、一輪挿しからバラを抜き、渡した。

「どうぞ」
「・・・・その・・・・このバラの意味は、やっぱり、全て黙っていろ、とか・・・内緒、とか・・・の、意味ですか?」
「・・・・・?あぁ、オレの本、読んでくれたんだ?」
「もちろん!最初にお会いした日も、一部を読みましたから。「Under The Rose」は、秘密、とか、内緒、ですよね?だから、毎日渡される理由は、この部屋での事は黙っていろって意味なんだと・・・」

キョーコは視線をバラに移し、少しだけ言いにくそうに伝える。人がくれるものにケチをつけるようで、蓮もいい気分がしないのではないかと思った。

「あぁ、タイトルの意味、分かってくれていたんだ?最初から「バラの下」って・・・言わないの、珍しいね」

蓮は驚いた様子で、キョーコの事を見つめた。

「いえ・・・色んなお姫様のお話とかを読んでいるうちに、たまたま知っていただけです。キューピッド・・・が黙っていて欲しいと言ってバラを差し入れたのがキッカケだったとか・・・昔の人がそうしたとか・・・・」


蓮は微笑み、腕を組んで、キョーコをじっと見つめる。見つめられている事に気付いたキョーコは、何となく居心地が悪い気がした。

「・・・・敦賀さん、演技もするんですね。知りませんでした」
「日本では、初めて、だね」


蓮はそのまま、おいで、と言って、再び仕事部屋にキョーコを通した。
蓮は窓辺に立ち、好きな空を見ながら話した。キョーコは、その数歩後ろに控えるようにして立っている。蓮の背中で、やや曇った空は半分しか見えない。


「海外で俳優の仕事をしていたんだ。こっちへは、数年前に戻ってきた」
「・・・戻ってきてすぐに・・・・俳優業には付かずに、モデルと脚本や作家をやっていたんですよね?・・・・なぜ、ですか?」
「・・・・・・・・・・」

蓮は黙って、窓の外を見つめている。
きっと色々な事があって、今まで演じる事を封印してきたのは分かっている。
黙ったままの蓮に、キョーコは先に謝った。

「・・・立ち入って、ごめんなさい・・・。何でも・・・私に素直に話してくださるので・・・つい・・・」


「君の鋭さは、たまに鋭利な刃物、だね。・・・上手にすっと・・・キレイに切られてしまう。・・・・でもあまり痛くないのは、君が今それ以上を聞かない思いやりがあるから・・・なのかな・・・」


蓮はそう言い、振り返ると、キョーコに近づいた。
目の前に立つ。
目が合う。合い続ける。

すっと・・・キョーコの髪の端に触れ、摘んだ。


「・・・君に、それを言われると、すごく・・・・」


蓮はじっとキョーコを見つめている。キョーコは目を見開いたまま、何を言うでもなく、見つめ続けた。まるで蓮の世界に飲み込まれてしまいそうな雰囲気で、髪にまで神経が通っていて、今、自分の中で物凄い音をたてている心臓の音が、伝わっているような気がした。


蓮によって張り巡らされたくもの巣の中にいるように、手足が動かない。何とか逃げ出そうと、キョーコは必死で、ゆっくりと、視線をずらした。


「・・・君が・・・」


蓮はそこまで言うと、首を振り、キョーコの髪から手を離した。
どんな言葉を飲み込んだのだろう。


「・・・・脚本を・・・書いたのは、単に、もし自分が主演で演じるなら・・・という理由だったんだ。色んな仕事をしてきたから・・・現場を良く知っていて、書き易かった・・・・だけ。日本の現場の状況も学びたかったし・・・。照明、音、俳優・・・。社長に頼んで付いて回り、色々見させてもらった。監督の撮りやすいように当然考えるし、見ている人が潜在的に求めている物が何なのか、考えたりとか・・・だから、無名の脚本家ながら、使いやすかった、って事。一度数字が取れれば・・・あとは芋ずる式に仕事が入ってしまった。本業に戻れない、ぐらいに・・・」
「演じることの方が、好き・・・なんですね・・・?」
「・・・・・・そうだね。脚本家なんだから物語を作ればいいだけなんだけどね・・・演じることが好きすぎて、監督でもないのに細かい指定が入りすぎていたし、うちの社長にはVIP待遇のように全てを秘密にしてもらって、いつの間にか・・・勝手な憶測や想像でオレの像が出来上がっていったよ。社長の友人の大物作家なんだとか、売れない監督が書いているとか、物凄く年寄りなんじゃないか、とか・・・君が言った様に、大学生の子持ち説までね・・・くすくす・・・」

蓮はようやく、少しだけ笑った。

「そんな、大事な、事、を・・・私に話してしまって、いいんですか・・・?きっと、すごく言いたくなかった事・・・とかで、周りに知られたら・・・」

キョーコは、ざわざわざわ、と心の中でざわめく疑問を素直に投げかけた。

「・・・一人ぐらい、オレの事を知ってくれている人がいてもいいかなって・・・思ったから・・・・」
「・・・・知っていて、欲しかった・・・って、考えて、いいですか・・・?」
「・・・解釈は、自由にどうぞ・・・君が、感じたとおりに・・・オレは、君に言ってみたかったから、言ったまでの事・・・、それ以上でもそれ以下でもないよ・・・」

すとん、と、何か憑物が落ちたかのように、蓮は仕事用の椅子に腰を下ろした。キョーコは見下ろすようにして蓮の前に、立つ。

「・・・・・オレの心の闇、突かれると、ちょっと、痛い。でも、君は優しいから、優しく受け止めてくれるんじゃないかって・・・その優しさに、飛びこんでみたくなった、だけ、かな。聞いてくれてどうもありがとう。バラを君に贈る理由は、黙っていて、とか、内緒、なんて理由じゃない・・・。誰かに話してもいいよ」

蓮は、キョーコに許されている事を本能的に分かっているのか、キョーコがしないと分かっている上でそう言った。きっとキョーコなら、人の心の傷をむげに自慢や話のネタなどにして楽しんだりしない。相手の心に土足で踏み込み荒らしたりするような事はしない。だからこそ、毎日のように彼女が自分の世界の中にいても少しも嫌じゃなかった。

キョーコは、弱く微笑み、首を横に振った。

「私と、敦賀さんの秘密、って事にしておきます。・・・それから・・・・敦賀さん・・・・」
「・・・何?」
「お食事、ちゃんと、摂られて、いますか?」
「・・・・・・あまり、褒められた食事は、していない、かもしれないね・・・・」

コンビニ食が常食か、ホテルに篭ればホテルの食事が常食、最初に叩き込まれたそんな敦賀蓮の情報がふっと頭をよぎる。

キョーコは、優しく慈愛に溢れた表情で、まるで母親のように微笑んだ。


「来られる時は、私、お食事、作りますね。食事は・・・食べることが大事だから、食事、って言うのだそうです・・・。食事が新しい細胞を作って、新しい自分を創って・・・だから、食べないと、新しいお話も、創れないです・・・。でもあまり・・・彼でもない男の人の為に・・・食事を作るのとか・・・今は、できれば、したくないんです・・・。何故って、それを、突かれると、ちょっと、痛い・・・」

キョーコは、少しだけ苦笑いを浮かべたような、寂しいような笑みで、蓮に言った。


蓮も、優しく、微笑んだ。

蓮は、キョーコが話せなかった言葉を、聞く事はしなかった。


「いつでも、好きにおいで。待っているから」


そして、それだけ言って、シャツの胸元のポケットに入っていたマンションのキーを渡した。

キョーコは、蓮の言葉の意味を、鍵を渡された意味を、自分が感じたように、自分に対する信頼だと・・・自由に解釈したい気がした。それは奢っているのだろうか、だとか、さっき垣間見た蓮の、心の優しい部分にほだされたのだろうか、傷を舐めあっているだけなのだろうか・・・などと色々自分を戒めてみた。が、それでも、自分という存在がまるごと許されている、嬉しさのようなくすぐったさがある。それを何と表現していいのかよく分からなかった。


その晩、部屋でよく眠れない夜を過ごしたのは、蓮もキョーコも同様だった。昔の、自分の思い出のような、普段は深い所に眠っている感情が起き上がってきていたからだった。



それでも、それが今までよりもあまり痛く感じなかったのは、今日、互いに少しだけ、頑張ったね、と・・・それらを称えあったような、許しあったような気がしたからだった。










2008.10.19